2ちゃんねる ★スマホ版★ ■掲示板に戻る■ 全部 1- 最新50  

■ このスレッドは過去ログ倉庫に格納されています

小説・文章の評価をするスレ Part14【本人限定】

1 :スペースNo.な-74:2013/06/30(日) 20:58:46.67
自分が書いた文章を晒したい奴は、その文章をUPってるURLを書こう。
しかし、どんな辛口批判があっても文句なしだ。

<ルール>
 ・18禁、二次創作、読む者を選ぶ展開(グロ等)は、前もって告知すること。
 ・自分の作品であること。
 ・直貼りよりURL貼り付け方式推奨。ファイル名orソースに「晒し中」明記のこと。
 ・どんなジャンルか明確にするとなお良い。
 ・みんなに読んで貰える自信があること。

2 :スペースNo.な-74:2013/06/30(日) 21:00:01.42
過去スレ

小説・文章の評価をするスレ Part13【本人限定】
http://kohada.2ch.net/test/read.cgi/2chbook/1326102814/
小説・文章の評価をするスレ Part12【本人限定】
http://kohada.2ch.net/test/read.cgi/2chbook/1312280690/
小説・文章の評価をするスレ Part11【本人限定】
http://yuzuru.2ch.net/test/read.cgi/2chbook/1288361115/
小説・文章の評価をするスレ Part10【本人限定】
http://yuzuru.2ch.net/test/read.cgi/2chbook/1275562112/
小説・文章の評価をするスレ Part9【本人限定】
http://changi.2ch.net/test/read.cgi/2chbook/1257224950/
【物書き】小説・文章の評価をするスレ Part8【本人限定】
http://changi.2ch.net/test/read.cgi/2chbook/1227084519/
【物書き】小説・文章の評価をするスレ Part7【本人限定】
http://changi.2ch.net/test/read.cgi/doujin/1204821886/
【物書き】小説・文章の評価をするスレ Part6【本人限定】
http://anime3.2ch.net/test/read.cgi/doujin/1183925345/l50
【物書き】小説・文章の評価をするスレ Part5【本人限定】
http://anime2.2ch.net/test/read.cgi/doujin/1164566941/
【物書き】小説・文章の評価をするスレ Part4【本人限定】
http://comic6.2ch.net/test/read.cgi/doujin/1148644783/
【物書き】自分の文章晒しまshow! Part3【限定】
ttp://comic6.2ch.net/test/read.cgi/doujin/1130155101/
【物書き】自分の文章晒しまshow! Part2【限定】
ttp://comic6.2ch.net/test/read.cgi/doujin/1105861166/
【物書き】自分の文章晒しまshow!【限定】
ttp://comic6.2ch.net/test/read.cgi/doujin/1080574986/

◆512KB規制に合わせて、495KBに達したら新スレの準備をお願いします◆

3 :スペースNo.な-74:2013/06/30(日) 21:00:54.84
晒し希望者は以下のテンプレ使用が便利です
(使わなくてもおk)

作品URL:ファイル名orソースに「晒し中」明記
期 間:閲覧可能期間
説 明:18禁、二次創作、ジャンルなど
注意点:読む者を選ぶ展開(グロ等)の有無
目 標:どういった作品を目指しているか、ターゲット層など
希 望:希望する評価ポイントなど
備 考:


より良い批評が貰えるよう、
「作品の何を見て欲しいか、自分がどんな創作を目指しているか」
についてあらかじめ明確に言っておくのがお勧めです
また評価人は、それに則り、晒し希望者の為になる批評を心がけましょう

4 :スペースNo.な-74:2013/07/02(火) NY:AN:NY.AN
 ∧_∧
( *´ρ`) アヘヘッ
人 Y /   ニュコニュコ
( ヽωつ ο° ピュ
(_)_)

5 :スペースNo.な-74:2013/07/04(木) NY:AN:NY.AN
保守

6 :スペースNo.な-74:2013/07/18(木) NY:AN:NY.AN
この板って即死ある…よね?

7 :スペースNo.な-74:2013/07/18(木) NY:AN:NY.AN
評価をお願いします。

作品URL:ttp://www5.pf-x.net/~wannabees/cgi-bin/upload/src/si3295.txt
期 間:3日間
説 明:ファンタジー小説の戦闘&死亡シーンです    
注意点:流血、死亡描写有りです
希 望:戦いの描写が伝わっているか
    読める内容であったか
    文章はおかしくないか
    その他、感想などをいただけるとありがたいです

備 考:一場面だけなので、めちゃくちゃ短いです。

8 :スペースNo.な-74:2013/07/19(金) NY:AN:NY.AN
>>7
さくっと。戦闘描写については他の方に任せる。

序盤が淡々としてて戦いって感じが伝わってこない。
「広間の中央部では、」〜「失ってはならない貴重な人材達が。」を初めに持ってくる。
「そんな彼らを、まるで他人事のように見つめる者たちがいた。」とかでつなげて会話シーン。
「苦笑しながら〜」と「しかし、それが一夜にして、」を削り、
「喧騒と怒号、そして戦火。大儀なき戦いに、二人は諦めたような笑みを浮かべていた。」にするといいように思う。
文章は今考えたので適当。

>「あの馬鹿の性格だと、どうすると思う?」
「あの馬鹿の性格なら、どうすると思う?」が適切。
自分なら「あの馬鹿の性格だと、どうなると思う?」にする。
より客観的で冷めた感じになる。

他にも怪しい箇所が。
「これ以上にない名誉であると覚悟せよっ!!」が特におかしい。決め台詞なのに残念。
「さあ来い! 私が直々に葬ってやろう! 呪われた勲をその身にしかと受けるがいい!」とか? また適当だが。
あと後に行くほど誤字脱字が多いな。

全体的に地の文が力みすぎ(感情を込めすぎ)の感がある。
作者の思想や意図が見えまくると、うざがられる場合があるので注意。
これが何かを狙ってるならごめん。
↓は個人的に好きな表現。
>他にも、他にも多くいた。失ってはならない貴重な人材達が。

話的には好み。皇妃がいいキャラしてる。続きが読みたい。
相棒ちゃんはこの後なんかあるのだろうか。完全に消えてるが。

9 :1/2:2013/07/20(土) NY:AN:NY.AN
>>7
シーン抜き取りとのことで正確な感想にはなりませんけれど

・敵の軍勢と味方の現状がわかりにくいです
味方は何人いるのか、敵は何人いるのか、相棒女と話しているのは誰なのか、
騎士と叛徒のどちらが味方なのか(これは最初から読んでればわかるのでしょうけど)、
話者(皇妃)と叛徒の距離はどれくらいなのか、とか

・皇妃の武器である鎌の詳細が不明(物語上初出でなければスルーで)
鎌と言われて、真っ先に稲刈り用の小さな手鎌が思い浮かびました。
次に鎖鎌(鎖の先端についた鎌を投げつけて攻撃するやつ)。最後に死神が持つような大鎌。
ここでは大鎌のようですが、武器の紹介も兼ねて、かっこ良く鎌を構えるシーンがあるといいかもしれません。

・叛徒の規模が不明
最初は10人くらいかと思っていたら、広間を埋め尽くすほどいるらしい。
しかし、広間を埋め尽くすほどなら、叛徒は皇妃周辺を取り囲み、
騎士達は円形に皇妃を囲むようにしての戦闘になるのでは?

・皇妃が跳躍を繰り返して戦闘するとこはスピード感があって、かっこ良かったです

・>ふっと叛徒の群れからの圧力が弱く なり、周囲にわずかな空白が
皇妃の猛攻に叛徒が退いたのかと思ったので、その後の描写に違和感がありました。
攻撃を弓矢に切り替えるなら、「攻撃を切り替えるため叛徒が退いた」と意識させる描写があった方が、
その後の皇妃との近距離戦が引き立つと思います

10 :2/2:2013/07/20(土) NY:AN:NY.AN
・ほか、個人的に気になったとこ

>どこか同情するところがあったのか
「誰が、誰に」同情したのか不明瞭。
おそらく「皇妃が、巫女に」だと思いますが、
戦闘中、皇妃は巫女を意識していないので、攻撃をくらった後の同情は態勢に影響しないのでは?

>「仮に死んでいたとしても?」
意味が汲み取れませんでした。叛徒の首領はゾンビなの?
仮に死んでいても目の前の馬鹿(=叛徒を励ます男)のすることは一つ……?
仮にも何も、死んでいたら叱咤できませんよね?
「死ぬとしても」「死ぬことになっても」等が適切なのでは?

あと、>>8さんも指摘の通り、後半に進むにつれ助詞の脱字が多くなってるのが気になりました

11 :スペースNo.な-74:2013/08/25(日) NY:AN:NY.AN
保守(`・ω・´)

12 :スペースNo.な-74:2013/09/07(土) 21:05:55.97
作品URL:http://sarashi2013.web.fc2.com/origin2.html
期 間:9/14まで
説 明:オリジナルBLの導入部分です。
注意点:BLです。晒している内容自体には恋愛描写はありません(同性愛についての描写はあります)
希 望:
・文章はわかりやすいか。また文章や表現などにおかしな点はないか。
・読者にとって魅力的な導入部になっているか
・オリジナルとして、キャラクターや舞台設定などの説明におかしな点はないか
・時系列や場面が変わる部分に、違和感を感じないか
備 考:今まで二次創作を書いていましたが、最近オリジナルを書き始めました。今回で二作目になります。
    ゆくゆくはプロを目指して投稿したいと思っています。

気になった点など、教えていただけると幸いです。

13 :スペースNo.な-74:2013/09/07(土) 21:56:39.04
>>12
久しぶりの依頼なので勝手ながらageておきます

>・文章はわかりやすいか。また文章や表現などにおかしな点はないか。
文章はわかりやすいし、読みやすい
ただ表現というか、三人称なのに山本「さん」なのは少し違和感があった
(指摘ではないですが、一人称の方が向いている文体と内容だと思いました)

>・読者にとって魅力的な導入部になっているか
「BLの」導入としては少し弱い感じがしました
5000文字強でしたが、主人公及び相手役と思われる人物に共感も興味も持てない、
特に魅力も感じない状態で読み終わってしまったので。

>・時系列や場面が変わる部分に、違和感を感じないか
特に違和感はない

個人的にはBLものということで、もう少し、
主人公と牧野に何かがあるところまで読んでから評価したいと思いました

14 :スペースNo.な-74:2013/09/09(月) 16:08:18.47
>>12
読みました
文章読みやすくてわかりやすいです。
>>13さんご指摘の「山本さん」も、一人称寄りの三人称というか
児童文学みたいなちょっと緩めの三人称としてならアリかなと思いました
でも確かに一人称の方が>>12さんは書きやすそうな印象を受けましたね

時系列、海藻の導入などもちゃんとわかりました
あとは>>13さんと同様、キャラの魅力がもっとダイレクトに伝わる内容
だったらいいなと思いました
二次創作の場合は、読み手が既にキャラの人となりや関係性・魅力を
理解した状態で読み始めるので、そこまで詳しい描写はいらないのですが
オリジナルは、まずキャラを知ってもらうところから始めなければ
いけません。特に商業BLは導入の「つかみ」は結構大事だと思います

相手役がわかりにくい人間ということなので難しいかとは思うのですが
主人公側もいまいちどういう人間かわかりにくいので
キャラの個性をもう少し際立させる書き方をしてみてはいかがでしょうか?

15 :スペースNo.な-74:2013/09/09(月) 16:09:39.20
失礼。誤字がありました
×海藻
〇回想

16 :スペースNo.な-74:2013/09/10(火) 00:53:07.39
>>12
・文章はわかりやすいか。
わかりやすいと思いますが、そこに囚われている気も。詳細は後述します。

・読者にとって魅力的な導入部になっているか
残念ながら……積極的に「読みたくない!」とは思いませんが、読みたいか、
続きが気になるかと問われたら別に……という感じです。

・オリジナルとして、キャラクターや舞台設定などの説明におかしな点はないか
おかしくはないですが、一番の問題がここではないかと。

・時系列や場面が変わる部分に、違和感を感じないか
特に感じません。自然だと思います。

恐らく「読み手の理解」を意識して書かれたものと思います。
ただ、「だからわかりやすく説明」と直結してしまっていることが問題かなと。
例えば冒頭部の寮母さんと会話のシーンですが、内容を見てみてると
人物の台詞と、その台詞の補足に終始していて、なおかつ台詞も補足も
キャラやその関係、環境を「こうなんですよ」と説明するものです。
それがダメなわけではないですが、あまり惹かれはしません。

17 :スペースNo.な-74:2013/09/10(火) 00:55:11.70
すみませんsage損ねた。続き

山腹からの眺めを描写すれば場所や環境は示せますし、影になった軒下に
残雪があればここしばらくの天候も分かる。
主人公のフルネームの提示も、寮母と別れた主人公にポストでも見せれば
名前はもちろんポストの様子から発展させて寮全体の外観・歴史なんかにも
言及できるし、そこまで書かずとも想像させる事はできる。
いつから使ってるポストだとか書けば主人公がここに来てからの長さも示せる。
主人公がポストを見る理由も、もう帰った寮生宛のものがないか確認、だとか
ただなんとなく、だとかすれば性格の一端を示すことも可能。

小説においての「わかる」というのは、書き手側から「これはこう、あれはこう」
とダイレクトに提示することだけではなく、書かれている文章から読み手側が
「ああこうなのか」と見つけ出すことでもあります。その部分がとても弱い。

キャラクターの魅力なんかだと分かりやすいかもしれません。
どれほど「眉目秀麗」「優しい」「魅力的」と書いても、ただそれだけで読み手が
どっぷりはまってくれるわけではないですよね。
読み手がキャラの魅力を見つけてくれなければ「魅力的という設定のキャラ」
だけで終わってしまい、「魅力的なキャラ」にはなれません。
それと似たようなことかと思います。
全体的にもう少し読み手が自発的に「わかる」描写を考えてみては。

18 :スペースNo.な-74:2013/09/16(月) 05:04:05.96
>>12
まだ大丈夫ですか?

個人的には続きが気になる引きでした。
ただ、相手役のキャラが『クールなイケメン』というより、『ただのコミュ障』としか
感じられず、あまり魅力を感じません。物語の今の段階では仕方ないのかもしれませんが。

「幽霊みたい」と言われながら、結構図々しい? 面もあり、一貫性を感じない
のも原因かもしれません。

文章は読みやすいです。ただ、私ももう少し状況描写がほしいと思った。
説明は十分あるのだけれど、空気感が分かるような描写があるといいです。

文章を伝わりやすくしようという苦心が感じられて、個人的には好感が持てました。
まぁそれは読者には関係ないですもんね。

せっかく雪景色という舞台設定を選んだのだから、どんな風に寒いとか、
地面がぬかるんでとか凍ってとか、暖房があまり効かないとか逆に効きすぎて
顔が火照るとか、そういう事を描写すると、読者は感情移入しやすくなって
読みやすい文章が一層活きると思います。

19 :12:2013/09/16(月) 22:53:05.02
>>12です。
作品下げとお礼が遅くなって申し訳ありません。
ご意見を下さった皆さん、本当にありがとうございました。

ご指摘いただいた通り、オリジナルなので読者に理解してもらえるよう
くどくどと説明的になってしまったようです。
設定の方に集中しすぎて、「キャラの魅力を伝える」という点を
おろそかにしていたことに気がつきました。
今回いただいたご意見を踏まえて、読者の興味を惹く書き方やキャラの描写を
考えながらもう一度書き直してみたいと思います。
(キャラの設定についても、もう少し練り直す必要がありそうです)

丁寧なアドバイスをいただけたので、思い切って晒してみて良かったです。
ご協力ありがとうございました。

20 :スペースNo.な-74:2013/09/21(土) 16:14:52.48
(`・ω・´)

21 :スペースNo.な-74:2013/10/05(土) 04:37:31.03
評価お願いします。

作品URL:ttp://sokkyo-shosetsu.com/novel.php?id=200153
期 間:不明(即興小説トレーニングというサイトの匿名ページを使っています)
説 明:創作で、連作短編、群像もどきです
注意点:グロはないですが不謹慎な描写があります
目 標:ラノベと普通の大衆小説の中間くらいを目指しています
希 望:
全体の印象
読みやすいか読みづらいか
好きか嫌いか
文章のレベル(語彙、わかりやすい描写かまわりくどくわかりにくいか)
物語創作のレベル(プロットとしてのわかりやすさ、独創性の有無)
を教えてください。
感想などもいただけると嬉しいです。
誤字脱字等は未熟者ゆえ見逃していただけると嬉しいです。
備 考: 初めて投稿します。辛口でお願いします。長さは一万字を越えています。

22 :スペースNo.な-74:2013/10/05(土) 16:18:52.10
>>21
ざっと読みました
読みやすいか:文章自体は読みやすいと思います
ただ何というか状況と登場人物がわかりにくく、もともと苦手な
「複数の一人称を切り替えて進む」タイプの話で、更に時系列や
場面も変わっていくので最後までついていけませんでした
正直なところ、登場人物が何人いるのかも判らなかったです
あと、わざとかもしれませんが、会話のセリフが舞台の台本みたいというか、
自然な会話の言葉じゃなくて、何でこんな芝居がかってるのかと思いました
好きか嫌いか:前者ではないです
文章のレベル:文体はいいと思うんですけど…内容がわかりにくいので……
物語創作のレベル:レベルってどう表現していいかわからないですが、
特に独創的ということはなかったです
感想は、長文ポエムみたいだと思いました
でもこういうのが好きな層はいると思う

23 :スペースNo.な-74:2013/10/07(月) 15:01:51.47
>>21
拝見しました。辛口でも大丈夫とのことなので辛口です。

・読みやすいか読みづらいか
修飾過多、主語と指示語が少ないので読みづらいです。
また修飾語について、一人称なので登場人物が自画自賛・自分や周囲を美化しているように見えました。
恋愛ものや切ない系のお話ならそれほど気にならないかもしれませんが
作者さんのいう「不謹慎な描写」が含まれているので、
過剰な修飾(キラキラした少女漫画的なイメージ)はなんとなく内容にそぐわない印象を受けます。
「不謹慎な描写」を「美しく」見せるために故意にそういった描写をされているのでしたらすみません。

・好きか嫌いか
好みの文章ではないです。

・文章のレベル(語彙、わかりやすい描写かまわりくどくわかりにくいか)
・物語創作のレベル(プロットとしてのわかりやすさ、独創性の有無)
レベル云々というのは判断できませんが…
前述しました通り、修飾語と会話相手不明の一人語りが多すぎて内容が頭に入ってこないです。
文体はラノベ寄りかなと感じましたが、婉曲的すぎて誰が何をしているのかわかりにくい。
真相を小出しにしていく手法は有りだと思いますが…
些細なことは事細かに描写されているのに背景が真っ白なので全体が想像できないです。
ラノベと大衆小説の中間とありましたが、いい意味でも悪い意味でもどっちつかずに思いました。
どちらかに特化された書き方をされたほうが読みやすいのではないかと。
詳細な描写から、語彙は貧困ではないと思いますので、ラノベ風に書くのならもう少し
周囲の状況や様子、主語・指示語を入れたほうがとっつきやすくなるかもしれません。
逆に、大衆小説風を意識するなら半分程不要な部分を削ったほうがそれらしくなるのでは。

あと22さんも書かれてますが他の人称に比べ、一人称の台詞はより「整った日本語」に違和感があるので
わざと崩した口調で書かれたほうがリアリティーでると思います。
(故意にそう書かれているのでしたらこの部分は無視してください)

24 :スペースNo.な-74:2013/10/07(月) 23:40:28.65
>>21
かなり辛口。評価のために最後まで読もうと努力したけど
3分の1ほど(あの星が瞬いて〜の辺り)で挫折しました

自分は面白い文章を読むのは好きだけど、そうじゃない文章を読むのは嫌いなタイプ
面白いと感じた後は難しい話でもややこしい話でも楽しく読めるけど、
この文章は「面白い」と感じるより前に考えることを強いられ(る気がし)て無理でした
「なんでだろう。続きはどうなるんだろう」という気持ちより
「分からないことが多すぎて面倒臭い」という気持ちが数倍に膨らんだので。
文章を読むこと自体が好きな人なら違う感想を抱くかもしれない

分かりやすいかどうかを気にしているようだけど、分かりやすく書いたようには思えなかった
むしろ、わざと分かりにくく書いてるように感じた
こういう構成は独創的といえば独創的だろうけど
これだけ分かりにくいと読む人をものすごく選ぶから大衆的ではないと思う

多分だけど、普通に一人に焦点を当ててその他を脇役として配置していれば
文章自体は読みにくいわけではないと思う
言い換えると、個人的に、この構成は嫌い、文章自体は嫌いじゃない
もしあなたが、構成の独創性ではなく
シンプルで分かりやすい構成の、物語の内容で勝負する話を書くなら、読んでみたいです

25 :スペースNo.な-74:2013/10/09(水) 20:15:11.01
>>21
謎は人をひきつけるけど
答えが提示されないままどんどん次の謎が出てくると
謎の一つ一つに対する興味が保持しにくくなりやすいと思う

26 :21:2013/10/10(木) 16:10:31.52
21です。
>22-25
ありがとうございました。
長く二次創作をやってきたので、創作に取り組むに際して取り組むべき課題をひとつひとつ越えていこうと思います。

>24
最後に嬉しいお言葉ありがとうございます。短めの話の方が得意なので、またここで評価してもらいたいと思っています。ここアップした際は、もしよろしければ、また評価していただけると嬉しいです。

自分自身を見つめ直すきっかけになりました。これからも精進していきたいです。本当にありがとうございました。

27 :スペースNo.な-74:2013/10/20(日) 16:18:56.78
作品URL:ttp://www5.pf-x.net/~wannabees/cgi-bin/upload/src/si3621.txt
期 間:10/27まで
説 明:星新一風微ホラー
注意点:グロはありませんが、遺体が登場します
目 標:将来的にはラノベ作家を目指しており、今回は文章トレーニングとして書きました。
希 望:
・文章レベルはどうか。
・物語は面白かったか、面白くなかったか。
・良い点と悪い点について。
上記についてお聞きしたいです。よろしくお願いします。

28 :スペースNo.な-74:2013/10/20(日) 18:49:41.01
>>27
晒し表記ある?

29 :スペースNo.な-74:2013/10/20(日) 20:19:14.94
>>28
ないと思う。うpロダには「晒し用」てコメントがあったけど、
>>27のurlを削って見に行かないといけないので

>>1の「ファイル名orソースに「晒し中」明記のこと。」

に当てはまっていない気がする。
というわけで>>27 ファイル名をsarashiとかに変えるか中に表記してほしい

30 :27:2013/10/20(日) 20:42:29.55
27です。
>>28,>>29
失礼いたしました。
ファイル名と中に「晒し」と記入しました。

もう一度、urlを貼ります。
ttp://www5.pf-x.net/~wannabees/cgi-bin/upload/src/si3622.txt
よろしくお願いします

31 :スペースNo.な-74:2013/10/20(日) 23:42:53.58
スマンが読み飛ばした。
冒頭に5W1Hが感じられない文章は読めなくなってしまって。

風景や情景、人物の外見、そうしたものを読者に伝える努力をして欲しい。

32 :1/2:2013/10/21(月) 01:35:13.52
>>27
辛口。冒頭から文章・内容共にあまり整えられてないなと感じる部分が多々あった

>〜に呼び止められた。「お主、〜
という書き出しはかなりAの視点に近いと読めるのに、
この段落の最後では急にA視点から離れていて混乱した

>頭がぼおっとしていたので、つい占い師の話を聞いてしまう。
本当にぼうっとしているときは逆に話しかけられても気付かないのでは

>どうしたらいい?
普通の台詞の形にしたほうがまだマシ
また、普通占い師は商売だからどうしたら良いか訊ねるなら金を払う必要があるのでは

>眠気覚ましにコーヒーを入れ、昨夜の占い師の言葉を思い出す。
「コーヒーを入れ」たことが他と一切繋がっていないので不要な部分になってしまっている
例えばこれが「コーヒーを入れながら」「コーヒーを入れ、程よく冷めるのを待ちながら、」
「コーヒーを入れ、まだ熱いそれを少しずつすすりながら」「コーヒーを飲み、一息ついた後」等なら、
Aの動きが読者に想像できるようになるけど

33 :2/2:2013/10/21(月) 01:42:08.04
「殺し屋」とは依頼人から殺人を(金で)請け負った者のことを言う
ナイフを持った男が恨みを持つ本人なのかそうでないのかがよく分からない

Aの「どうしたものか」の後に、Bに話しに行くのは良いとして、
何故真っ先に「(殺したい)心理とは、一体どんなモノかね」と質問するかが理解できない
一般人ならそうはならないはずだし、Aが一般人と異なる感性を持つなら、説明不足だと思う

同様に、殺し屋(仮)が去った後、Aが何故『悪しき人』になりたかったのかも、
何故自殺したのかも、最後にBに言った台詞も、理解できない。論理が足りていない

占い師の「よく話してみることだね」で冒頭が終わるから、
Aを殺したい男の事情は語られるだろうと思ったのに、それもなくてモヤモヤした
例えば、途中で殺し屋(仮)が死ぬ等で、殺したかった理由が分からない状況になっていれば、
殺しの心理に興味を移すのも仕方ないと思えるかもしれないが、
普通にすれ違うくらいなのに話もせずに心理が分からないと考えるのが不自然

全体的に、意図的な不条理物というよりは、ただ漠然と殺しをテーマに文章が書きたかっただけのように感じた

34 :スペースNo.な-74:2013/10/21(月) 02:04:37.29
>>30
まず文章外の事になってしまいますが、ラノベ作家を目指す人の文章トレーニングとして
星新一風の作品というのはあまり適していないように思います。
大体の要素が両者では間逆なので、評価をするにも重点の置き所が絞り込めません。

・文章レベルはどうか。
少なくとも日本語として成り立っているし、理解不能な文章ではありません。
(「文章レベル」という言葉を量れる基準はこの程度だと思うのですが……)

・物語は面白かったか、面白くなかったか。
面白い、とは思いませんでした。
「ラノベ」「星新一風」という、個人的には相反するように思う指針があったため、
どのあたりをどのように面白がればいいのか解らなかったのもあります。
また、そのどちらに拠って見ても練りこみが足りないと思える部分が多いです。

35 :スペースNo.な-74:2013/10/21(月) 02:08:17.91
>>30 続き
ラノベとして見ればこの作品はあまりにも言葉足らずです。
ラノベの面白さはまずキャラクター性や世界観が先立って牽引するものだと思いますが、
この作品からはそのどちらもほとんど掴めません。かろうじてファンタジー世界ではなく
現代社会を舞台にしているのかと思いきや、台詞回しはやけに古風でそれも違いそう。
映像が全く見えてきません。

逆に星新一風としては、申し訳ないですが単に文章がそれっぽいだけと感じました。
彼の作品の肝である、時に皮肉や哀愁を感じさせる「おかしみ」がありません。
なので星新一というよりはただ「淡白な文」というだけのものになっていると思います。

もうひとつ、ホラーとしてですが「恐さ」は全く感じませんでした。
A・B共に追い詰められる切迫感はなく、Aの思考が歪んでいく過程もさらりと流され、
行き着く先もだいたい想像がつく。読み手として恐がれる部分がほとんどありません。

星新一もラノベも追求しないまま混ぜてしまった、という中途半端な印象です。
星新一風のラノベ、というのも全くあり得ないものだとは思いませんが、
少なくとも今の段階で目指すのは時期尚早ではないかと。

36 :スペースNo.な-74:2013/10/21(月) 17:23:05.13
作品URL:ttp://www.dotup.org/uploda/www.dotup.org4600587.txt
説 明:バトルロワイアル物の抜粋
注意点:半分実話
目 標:モデルになった人物の惨たらしいシ
備 考:抜粋なのでまだまだある

37 :スペースNo.な-74:2013/10/21(月) 18:08:46.84
>>36
晒し表記なし

38 :スペースNo.な-74:2013/10/21(月) 18:18:11.20
ttp://www.dotup.org/uploda/www.dotup.org4600742.txt
表記ついかついでに続編を

39 :スペースNo.な-74:2013/10/21(月) 19:01:14.95
>>38
すまないが、目が滑って読めなかった。
擬音が目立つのが気になった
ちゃんと評価出来なくてごめん

40 :スペースNo.な-74:2013/10/21(月) 19:14:38.19
>>36 >>38
車にまったく興味の無い自分からすると最初で読む気が挫かれた
70年代のアメリカの車と言われても、漠然としか分からない
プリシラがマニア垂涎のクラッシックカーで
車好きのラグゾが思わず近付いてしまったとか
ラグゾは紗知を探しているところで
こんな車に乗っているのはあの女しかいないとか
そういう「なぜ車に近付いたか」という描写がないと
ラグゾがただの覗き魔になる
抜粋の問題かもしれないが、文中に「あいつの車だ」と一言入れれば
ラグゾが車に注目した意図が分かるようにできる

あとざっと読んだ中で思ったのが、ぱっとモノが頭に浮かんでこない固有名詞の頻出が多い
プリシラに始まりルビアーニ双頭斧、Bピラー、ライタルモニター……
どういう読者層を意識して書いているのかは分からないけど
とりあえず一般向けとしてはかなり不親切

全体として主語の省略のない脚本のト書きのような文体で
小説を読んでいるような気がしなかった
もしかしてシナリオに手を加えたのかな?
ただト書きにしても、状況が把握出来ない箇所が多すぎる

とりあえず、もっと本を読んだ方がいい

41 :スペースNo.な-74:2013/10/21(月) 19:44:24.26
あー固有名詞についてはサイトに解説ページがあったのよ
紗知に潰されて警察沙汰になった
>もしかしてシナリオに手を加えたのかな?
半分実話だからそこに手を加えた・・・

42 :スペースNo.な-74:2013/10/21(月) 19:48:14.13
>>36=38=41はまともに評価を頼む気なさそう

43 :スペースNo.な-74:2013/10/21(月) 20:32:38.38
小説を書く気もなさそう

44 :スペースNo.な-74:2013/10/21(月) 20:40:49.71
>>36
どこをどう評価して欲しいと思ってるのかわからない
テンプレの書き方でも判らなかったけど>>41を見て更にそう思った
「目標」も「備考」もなんか書き方間違えてる気がするし

45 :スペースNo.な-74:2013/10/21(月) 21:34:29.23
>>36
ざっと読んだけれど置いてけぼり感が凄かった(固有名詞どうこうではなく)
書いてる本人は色々分かっているんだろうけれど、読んでるほうには状況が全く分からない。
その点でこれは人に読ませるための文章、作品とか小説とかにはなっていないと思います。
とりあえずテンプレの目標に関して評価をするなら、惨たらしい死を書きたいのなら
現状の擬音頼みの表現は止めたほうがいい。寒いギャグにしかならない。

もっと本を読んだほうがいいに同意。

46 :スペースNo.な-74:2013/10/29(火) 00:13:45.35
作品URL:http://sarashi2you.web.fc2.com/sarasibun.html
期 間:ひとまず3〜5日
説 明:オリジナル短編
注意点:現代もの
目 標:星新一のような短編を目指しました
希 望:読みやすいか
    面白いか
    良いor悪い所の指摘、他
備 考:1900字程度のものです。ホームページ初心者&初晒しなのでどこか変でしたらすみません

47 :スペースNo.な-74:2013/10/29(火) 00:51:03.02
>>46
>>27と同一人物なら、指摘を受けてこういう風に書くようにした、
とか書いた方がいいと思うよ。前回指摘されたことに対して何の反応もなく
次々晒されても似たような指摘しかできないと思うし

文体、人物の名前の付け方、話し方、テンプレの希望項目などを見て
同一人物と判断しました

48 :46:2013/10/29(火) 01:13:16.23
すみません、>>27の方とは別です。
テンプレは確かに>>27の方を参考に書かせていただきました;
星新一氏の文や名付け(N氏Y氏など)を参考に書きましたので誤解をさせてしまい申し訳ありません

49 :スペースNo.な-74:2013/10/29(火) 13:57:54.57
>>46
前の人のと似た指摘になってしまうけど、文章がそれっぽいだけに思えます。
この話ではこうオチるしかないと思うけど、そこに至るまでの話の膨らませ方が
全く足りていないように思います。

希望に「面白いか」とありますが、ご自身ではどこを面白い、面白がって欲しいと思っていますか?
それを明確に意識してしっかりと工夫しなければ、この手の物を「面白く」書くのは
相当に難しいと思います。

50 :スペースNo.な-74:2013/10/29(火) 20:15:08.99
>>46
自分と句読点のテンポが合わないってだけで
文章自体は読みやすい方かと

話は面白かったです
この手の話は枝葉を広げるよりも
これぐらい単純な方がいいと思う
個人的に言うならタイトルに一捻り欲しかった

51 :スペースNo.な-74:2013/10/29(火) 20:50:42.75
>>46
他の人も言っているようにタイトルに捻りが欲しいかな
文章は読みやすくて個人的には良いと思います
話も単純で面白かったです

52 :スペースNo.な-74:2013/10/29(火) 21:11:27.38
>>46
読みやすいか:読みやすい
面白いか:途中でオチが読めるけど面白かった
その他:
深夜の5分ドラマみたいな雰囲気で良かったです
ごく普通のお受験ママの心理変遷もなかなかリアルに伝わってきました
あえて個性を殺した人物設定なのも、話の性質上これはこれでいいかと
他の作品も読んでみたいなと思いました

53 :スペースNo.な-74:2013/10/29(火) 22:00:30.53
>>46
>読みやすいか
読みやすい。描写が丁寧なので頭にイメージがぱっと浮かぶ。
>面白いか
オチは読めるけどいい。最後まで気持ちよく読めた。
読み返すと伏線をいろいろ張ってることに気づけて楽しい。

>良いor悪い所の指摘、他
B子の心の動きの描写が特によかった。読んでてわくわくした。
ただ、C美に箱を託す動機(=C美が「もっと適任の人」である理由)が弱い。
ここはC美はPTAの役員でしっかり者だからとか、ちょっと書くだけでも説得力出るよ。
その後のC美への嫉妬の描写がもっと効いてくるしね。

台詞が不自然なのも気になった。謎の女はいいけど、B子はおかしい。
例えば「いったい何かしら。まさか爆弾なんてことはないわよね」「まぁ!これはなんなの!?」はないよ。それも独り言だし。
あと爆弾かもしれない箱を考えなしにリビングに持ってくってのもなあ。

「いったい何かしら。まさか爆弾なんてことはないわよね」のとこは前後の文も変えてこんなんでどうだろ。
>B子はしばし呆然としていたが、はっとして箱を確認した。
>箱はやや小振りだがずっしりと重い。宛先の住所はしっかりB子の家のものだったが、差出人は書かれていなかった。
>中身は何だろう。知りたい。でも、何かおかしなものだったらどうしよう。夫が帰ってくるまで待つべきだろうか。でも、でも。
>B子は湧き上がる好奇心を押さえきれず、ついに箱を開けた。

「まぁ!これはなんなの!?」は、
>箱の中身を見たB子は目を剥き、悲鳴を上げた。
のほうが自然。

あと「思わず」は便利な魔法の言葉じゃないよー。
似たようなのに「なんとなく」「ふと」とかがある。
誤字がちょっとあるのでそれも確認。

54 :スペースNo.な-74:2013/10/29(火) 22:29:17.81
>>46
>>49さんと同じような感想を持ちました。
ただ、基本の骨組みはちゃんとできていると思いますし
文章も読みにくいところはありませんでした。
この話のネタはありがちです。
ありがちだからいけないという訳ではなく、
単純にネタだけで面白い話にするのは難しいのです。
そこで問題になってくるのが、話し振り、つまり話の肉付けです。
例えば、今回の作品の展開には話の緩急がほとんど感じられません。
一方で最初の段落は少々もたついた感じがします。
情報の順序や内容の整理ができるのではないでしょうか。
この段落で読者を掴むわけでもあり、もったいないです。
色々書きましたが、基本的な問題はクリアされています。
私も別の作品も読んでみたいと思いました。

55 :46:2013/10/31(木) 19:26:21.34
>>47-54
評価ありがとうございました。
展開のために流れや文章がむりやりではないか、と自分でも思っていたのですがどこをどう変えればいいのか分からず悩んでました。
みなさんの指摘や具体的な文章例などをいただき大変参考になり、また自分でも気づいてなかった改善点に気づく事ができました。
ありがとうございました。

56 :スペースNo.な-74:2013/11/10(日) 07:51:19.48
前スレの588です。以前に評価いただいたことを参考にして新しく書いた作品の評価をお願いしたいです。

作品URL: http://slib.net/23540
期間:特に無し
注意点:自分の書いた二次創作のスピンオフなので三次創作的です。BL要素があります。
目標:ライトノベル層向けの思想小説を書く事が最終目標です。
希望:以前指摘された部分が改善されているかの評価をお願いします。

情景描写が苦手と書いて評価をいただいたのですが、苦手もなにも足りなさ過ぎる、顔漫画のようだ、背景がイメージ出来ないなどの指摘受けました。意識して情景描写を増やしたので、まだ足りないか、また表現が解りにくいことはないか評価お願いします。
また、増やしたらテンポが悪くなる懸念があるとも言われましたので(以前はテンポの良さを褒めていただけました)テンポが悪くなってないかもお願いします。

思想小説において作者のイデオロギーがキャラに透けて見えると萎えるとも言われました。それと体系を立てて解りやすくする努力をしてとも。今回は主人公に自分とは真逆の思想を持たせて思想に至った背景を書き込みました。伝えられる文章になっているか評価をお願いします。

その他、お気づきの点がありましたらなんでも。よろしくお願い致します。

57 :スペースNo.な-74:2013/11/10(日) 14:22:37.01
>>56
6万文字越えの為最初の方しかまだ読んでいません(読み終わったらまた書きます)
その時点でひっかかったのは、主人公が学歴からして頭が良さそうなのに
公家の意味がよくわかっていないこと、全体的に中学生程度の幼さに感じる事。
元キャラがそういう設定ならすみません。

というか、「乙女ゲーの男のオリ主の作品のスピンオフで既存のキャラが主人公」
ということで合ってますか?(元ネタは全く知りません)
最初の説明文で「ゲームの翔太君とはキャラ設定が違います」とありますが
主人公の名前がずーっと出てこないので、説明に名前の出ているその人物が
主人公なのかどうかもずっとわからない状態で読んでいました。
(元作品を知ってる人ならすぐわかるのかな?)
特に正体を伏せる必要がないのなら主人公の名前は早めに出してほしいです。

58 :スペースNo.な-74:2013/11/10(日) 17:02:33.12
>>56
辛口長文です

情景描写が少ないというよりは、主人公の主観が多すぎて読みづらいです
その主観も独りよがりな印象で、読者として感情移入や共感ができません
また主人公が次に何がしたいのかがわかりません
一つの文章自体は平易でテンポがいいはずなのですが、以上の点から話自体のメリハリがなくテンポが悪いです

以前指摘された体系付けて〜に対する解釈が間違っている気がします
アプローチすべきは、何が言いたいのか筋を立ててわかりやすくすることなのでは?
単純に言えば話の目的や起承転結が見えません
まずはプロットの段階で伝えることの取捨選択をお勧めします
また深みのあるエピソードや描写がないので、作者の思想が空回っています

総じて散漫で客観性にかけています
読者が分かりやすいか、楽しめるかを意識してみてください
あとは57さんと同じです、主人公幼すぎる

59 :スペースNo.な-74:2013/11/10(日) 19:46:47.02
>>56
辛口感想

<前提条件読まずの感想>
開始3行で投げ出しそうになった。
視点者と受け身の対象が違うせいで状況が判り難く散漫な印象。
情景描写が下手。
全体を通して平板なのに何故か引っ掛かりが多くテンポが悪い。
注意書き(元ジャンルは知らない)然り、独りよがりな表現が多い。

<前提を読んでもう一度読んでからの感想>
ライトノベル層向けの思想小説というのが具体的に何を目指しているのか判らないが、
思想小説というジャンルでは自身の思想を表現することが目的。
よって、「思想」を目的にしてしまうのは本末転倒では?
自身と正反対の思想を描写するレベルに達していないと感じる。

あと、主人公が幼い。

60 :スペースNo.な-74:2013/11/10(日) 20:46:15.73
>>56
57ですが、すみません。男のオリ主じゃなくて男装女子のオリ主でしたね
あの後もう少しじっくり読んでみたのですが、最後までは読めませんでした

冒頭からタイムスリップの説明があからさまな説明文で読み飛ばしたくなりました
もっと後のシーンを先に持ってきて、タイムリップのくだりは
回想で入れた方が読者の引きは良いと思います

情景はやはり浮かびにくいです。というか、情景描写は少ないですよね?
少ない上に主人公の(アホっぽい)主観がはさまるのでわかりにくいです
悪い意味で女々しい性格の主人公には一切感情移入できませんでした
応援する気持ちが全く湧かないというか
キャラクターに魅力が感じられないと読み進めるのは苦痛です
章の最後に主人公のポエムが入るのも鬱陶しく感じました
「○○だよ、奏音くん」っていうのが多すぎるのも気になります
イデオロギー云々に関しては、シリアスなはずの状況と、
浮ついた地の文のギャップが気になってよくわかりませんでした

61 :スペースNo.な-74:2013/11/10(日) 21:33:44.30
>>56
ごめんなさい最後まで読めませんでした
一言で言うと、つまらないです
冒頭からして読者を引き込ませる要素がまったく無い
唐突に「どうやらタイムスリップしてしまったようだ」などと言われても、はっ?としか思えません
全体的に無駄な部分が多くて読むのに疲れました
他の方が言っているように何を伝えたいのか要点をまとめるべきだと思います
あと、これは個人的な意見ですが、だらだらと一人称視点でやるぐらいなら視点を切り替えて別のキャラから見た状況を入れて欲しいです

62 :スペースNo.な-74:2013/11/11(月) 00:15:05.20
>>56
ざっとです。

状況が読み取りづらい……なんか浪人に追いかけられてるんだよね?
書けば伝わるってもんではないです。何を説明「したい」ではなく「するのか」を考えるべきです。説明=描写ではないよ。
おそらく「伝えること」ではなく「書きたいという気持ち」が先行しすぎなんだと思います(たとえ意識してなくても)。
だからテーマも文章もぼやけてぶれる。
「頼りになる大人とまったく頼りに出来ない大人」「僕たちが目指す理想の大人」を説明できないのはこのせいです。
まずは見通しが立てやすいよう、短めに話をまとめたほうがいいと思います。長くしたいならそれがちゃんとできてからってことで。

>僕も奏音くんもハーフでは無いけれどクォーターで、奏音くんのお祖母ちゃんはイギリス人で、僕のお祖母ちゃんはドイツ人だ。
話し言葉のような地の文って、視点人物の頭があんまりよくなさそうに見えます。
まあ女々しい人物なのでありっちゃありかな。

63 :スペースNo.な-74:2013/11/11(月) 00:27:41.81
頭悪い設定の人物の頭が悪そうなのは良いけど、
そういう設定じゃない(薬学生)上に、周りからも頭が悪いと思われていない(重要)
人物が、読者からは頭悪そうに見えてしまうのは「あり」ではないと思うよ

64 :1/3:2013/11/14(木) 05:49:05.37
>>56
文章でも理屈でも引っかかる部分が多く、最初しか読めませんでした。

最初の段落で「走っていてうるさいのか〜」あたりは「心臓が」などの主語をつけるか、
その前に鼓動が速くなっている描写をした方がいいと思います。
心臓がうるさい、と鼓動が速い、は確かに意味は同じですが主語に来るものが違うので
繋げるなら統一した方が分かりやすいでしょう。

浪人風情の集団とあるのに何時代なんだろうといわれても、
江戸時代じゃないの?と突っ込んでしまいました。
もっと細かい、年号や年代がわからないというのを分かりやすく表現したのかもしれないけど、まずそこで引っかかります。

逃げ切って助けに来てくれという台詞も、
タイムスリップを認識したあとなのに逃げる当ても助かる当てもないだろうと思います。
でも追われているようだし、そう言って主人公をなだめないといけないほど切迫した状況で別れたのかと想像して読み進めましたが、
今もピンチかもしれないと説明されて、別れた時はピンチじゃなかったの?と再び引っかかりました。

65 :2/3:2013/11/14(木) 05:50:35.07
台詞についても、「ふふ。他人のために〜」の部分で、ここは復唱する必要ないと感じました。
略しても十分伝わるし、生の会話らしくない。
「自分の無力さと〜」の部分も自分たちの欠点と大人の違いを「と」で繋げるのはおかしくはないですがもたつく気がします。
無力さ、で切ってそして、とかで繋げるといいのでは。

登山靴だから道を走りにくいとありますが、靴が重いからなのかと漠然と考えていたら
草むらなら走りやすいとあって、道が堅いから走りにくいということだと推測しました。
でも、その道コンクリでもアスファルトでもないよね?踏み固められてるけど土だよね?とここでも突っ込み。
服装が隠れるほど背の高い草むらなら、かき分けないといけないから走りにくいし、
潜むならともかく移動してたら逆に目立つと思います。

66 :3/3:2013/11/14(木) 05:53:07.95
時間経過も分かりにくかったです。
町には人がそれなりにいるみたいですし、土埃が見えるほどだから昼間を想像しました。
そのあとで灯りに言及したから暗くはないんでしょうけど、
小屋に身を潜めて夜を待とうと決めた次の行で「……何も見えない」となってなんで?と思いました。
夕方だったからすぐ日が暮れたのかな?
それにしても日が暮れた描写、冒頭が昼なのか夕方なのかという描写は一文だけでも必要かと思います。

本当に冒頭だけですが、ここまで引っかかりが多くてこれ以上読み進める気になれませんでした。
状況描写については時間帯が分からない時点で少ないというかツボを押さえていないと思います。
テンポについても一文になっているところがさらっと読めないですし、会話を見ても良いとは思えません。

以上辛口失礼しました。

67 :スペースNo.な-74:2013/11/14(木) 14:11:54.80
作品URL:http://nanos.jp/burlesca51/novel/3/16/
期 間:一週間ほど
説 明:オリジナルBL。14000字程度。
注意点:死ネタ。すっきりしない終わり方。
目 標:誰も報われないなあともやもやしてもらえたら
希 望:違和感のない会話文かどうか。
     主観以外の回想が挟まれるのは読みづらくないか、
     キャラクターの思考は突飛でないか、おかしな表現などはないか。
備 考:BLとしていますがそういった表現はほぼありません。
     よろしくお願いします。

68 :スペースNo.な-74:2013/11/14(木) 22:01:15.85
>>67
開いた瞬間にギブアップ。
文字小さすぎ!行間詰まりすぎ!その上段落の最初が開いてないから
クリックした瞬間に「げっ」ってなって脳が読むことを拒否した。
これ自分で何とも思わないの?
人に読んでもらいたいって気持ちあるの?

69 :スペースNo.な-74:2013/11/14(木) 22:19:00.65
言いたいことはわからんでもないが
「小説・文章の評価をするスレ」だから、文章評価全く無しで
レイアウトだけに文句言うスレじゃないよ
皆が評価する気にならなかったら評価ゼロのままとかもあったし

70 :1/2:2013/11/14(木) 22:42:24.55
>>67
とりあえず人に読んでもらいたいならせめてもう少し段落をキチンと分けて

文字をぎっしりつめこまないようにしてくれ
文章自体の日本語は割と普通に読めるだけにもったいない
小説の内容には関係ないかもしれないが読者に分かりやすくしようという
気配りがあるかないかは結構小説本編にも表れるものだ

・違和感のない会話文かどうか
とういうかあまり会話している印象がない
ほとんど客の男性が主体的にしゃべりそれに声掛けや挨拶をしているだけ
店長との会話もただ聞いてるだけっぽい
まあ回想分の方がメインなんだろうと思うからおまけ程度ならこんなものかという感じ

・主観以外の回想が挟まれるのは読みづらくないか
回想文が客の男の一人称になっているので回想というより独り言みたいに見える
しかもかなりの分量なのでまともに読む気にならない
コメディ漫画で読まれることを前提としない説明が背景に延々と書かれているギャグのようだ
男から聞いた話はこうだった〜という感じで主観視点からの3人称文体で回想した方が自然な気がする
どうしても客の男の言葉で語りたいなら回想ではなく二人を会話させその中で語らせた方がいい

71 :2/2:2013/11/14(木) 22:42:56.31
>>67
・キャラクターの思考は突飛ではないか、おかしな表現などはないか
冒頭の「昼頃から風も雨の勢いも強くなり、出歩く勇気のある人はそうそういないだろう」の
勇気という表現は台風でもないただの強雨に対して大げさに感じた
出歩く気概のある人もそういない〜くらいのものではないだろうか

キャラクターの思考は正直突飛に感じた
ただ気になる客程度の描写で店員が客にそこまで入れ込む理由が分からない
ちょっと暗いムードの男前ってのもよくあるテンプレだしそれだけでは弱すぎる
長すぎる雨や店内の描写より客の普段の様子や魅力をもっと書いておくべき
あと「死なないでください! 駄目です、嫌です、僕、あなたに生きていてほしいです!」のセリフは
かなり唐突でいきなりそんなこと他人に言われても…って白けた
店員がどんどん勝手に盛り上がっていくのについていけずこっちは何でだよと冷めていくばかりだ

客の男の「彼がいないのにあなたに救われて生きるなど冒涜です」も自分は全く納得できない
そもそもあなたの言葉で死にました〜なんてことわざわざ伝えたら
どう考えたって店員が喜ぶわけないのにわざわざそんな遺言残すなんて客の男が本当にいい男だとしたら違和感
逆に実はあてつけがましい気持ちでわざとそんな遺言のこしたならサイテーの男で勝手に死ねよって感じだし
この遺言書は物語の結末有木のご都合主義としか思えなかった

予定調和な物語と違和感のある登場人物の言動が気になって
切ない気持ちになる前に疑問ばかりが浮かんでしまう話でした

72 :スペースNo.な-74:2013/11/14(木) 22:46:13.51
>>71の「結末有木」は「結末ありき」
でした 誤字すみません

73 :スペースNo.な-74:2013/11/14(木) 22:56:16.91
>>67
レイアウトは読みにくかったので自分でエディタにコピペして読みました
>違和感のない会話文かどうか。
芝居がかった話し方に見える部分もありますが、そんなに気にはなりません

>主観以外の回想が挟まれるのは読みづらくないか
読みづらくないとは言えませんでした。ただそれは「主観以外の回想」のせい
ではありませんでした。回想話自体に面白味が感じられなかったので
退屈な感じがしました。ノーマルな男性が相手に惹かれた場面として、
あの言葉だけでは「何でそんな事だけで?」とつっこみたくなるし
魅力的なエピソードがあまりない割に長かったです

>キャラクターの思考は突飛でないか、
突飛だと思いました。その割にそんなに意外性もなくて……
登場人物が総じて悪い意味で女性的ですね

>おかしな表現などはないか。
序盤の「大変にもてただろうと思わせるほどに整っている」の直後に
「僕が見てきたかぎり、彼はあまり人ひきつけるような人ではなかった。」
とあって、?となりました。顔がかなり整っているなら、それだけで
陰気だろうが性格が悪かろうが人をひきつけるタイプだと思うのですが。
現に主人公も「大変にもてただろう」と思っている。主人公の思考回路が
よくわからず、細かい違和感が散見してこの主人公を好きになれませんでした

ラストあたりの「一週間ちょっと前か?〜」の台詞の後、主人公が自分の感情より先に
店長はたいして悲しそうにもしてないとか説明しているのがものすごくテンポが
悪いというか、何の為の一人称なのかと思うほどおかしいです
大してショックを受けていないといように見えてしまいました

74 :スペースNo.な-74:2013/11/15(金) 00:04:55.14
>>67
おかしな表現はないか、という点で気になったことを
辛口です

>薄いベージュのカーテン
個人的な感覚かもしれませんが、夜になると酒も出すような飲食店でカーテンというのは何となく違和感があります
なので、しばらくはマンションの一室が舞台かと思って読んでしまいました
夜の空気から室内を守るバリア、幕といった意味でカーテンを選んだのかもしれませんが、それならもう少し早く舞台が飲食店であることを示して欲しかったです
でなければ、ブラインドやロールカーテンのほうが飲食店ぽいかな……と思います
あと、カーテンが「しんなり肩を落とす」のはちょっと表現に凝りすぎのように思います

>蝶よ花よ
基本的に男性には使わない表現です
同じ意味では箸より重いものは持たせない、という言葉が男性向きですが、会社内でのことですので二代目、跡継ぎ、御曹司などという言葉を使ったほうがいいかなと思います

>息せき切って駆け寄って、覆いかぶさった
いくらなんでも馴れ馴れしすぎませんか?
それに、そんなに息を切らすほどこの二人の距離は遠かったのですか?
他に指摘している方もいらっしゃいますが、私もここはすごく唐突に感じました


他にも、言いたいことはわかるけれどちょこちょこ引っかかるという部分がいくつかあって読んでいて何度か首を傾げてしまいました
話自体は、キャラを立てるエピソードがないままに淡々と進んで行くので、申し訳ないですが粗筋を読んでいるようにしか思えませんでした
最初に死にネタと書かれていて、死にネタが好きなので最後まで読みましたが、そうでなければ流し読みして終わりだったと思います

75 :スペースNo.な-74:2013/11/15(金) 00:43:41.06
>>67
上の方々と被る部分は省きますが、ほぼ全ての指摘に同感です。

・キャラクターの思考は突飛でないか、
突飛だと思います。
主人公が相手の男性を気にかけている理由、主人公が感じている男性の
魅力(と言うほどはっきりしていないのでしょうが)、主人公の心情変化等が、
キャラの思考・言動に納得がいく程には伝わってきませんでした。
その辺が掴めず、入り込めないのに主人公は何か盛り上がったっぽい……
というのが唐突・突飛に思える原因ではないかと。

・おかしな表現などはないか。
男性の独白が二回目に中断された箇所が色々気になります。
>めでたしめでたしでは終わらないのではないだろうか。
何を今更、と思いました。男性の様子は最初からとても幸福には見えないし
一度目の中断の際に「私が彼を裏切って別れた」とはっきりと聞いています。
これで「めでたしめでたし」で終わる可能性を思うほうがどうかしている。

>こういった展開の物語はすべからく、悲恋で終わるのだ。
「全て」という意味で「すべからく」を使っているのだとしたら、誤用です。
「すべからく」とは「当然○○しなければならない」という意味の言葉であって、
「すべからく〜〜すべき」と定型で使われるものです。
別な表現を探したほうが良いと思います。

他、細かいところですが「大酒ぐらい」ってあまり聞き覚えが無くて戸惑いました。
「大酒のみ」ならすんなりと飲み込めたのですが。

回想がとにかく長い。回想が作品メインなのかと思うくらい。
その上内容は客の男性の人生ダイジェスト、要するに自分語りです。
男性に惹かれている主人公は平気なのでしょうが、読み始めたばかりで
男性に特別の思いを持っていない私には正直苦痛な長さでした。
酒飲みつつの語りとしてはリアルですが、作品としては読み気を削がれます。

76 :スペースNo.な-74:2013/11/15(金) 12:29:20.59
>>67
大方はすでに出てる意見と同じです。
雰囲気いいです。静かで重苦しい感じが伝わってきます。
が、しんなりやすべからく、蝶よ花よなどの言葉の使い方が非常に気になりました。
こういうのが一つあるだけで物語に入っていけません。

主人公→客の感情は唐突というか浅いです。
「僕はその人のことが何となく気になって仕方がなかった。店に来たら毎回さりげなく視線を向けてしまうくらいには。」
この「何となく」の部分を何となくで済まさない。
何となくは便利です。しかし使いどころを考えないと
「解釈を読者に丸投げしてる」「書き手が作品を理解しきれてない」、と読者に思われてしまいます。
外見に惹かれてるようなので、指先がきれいであるとか、陰のある表情がいいとか、ちょっと入れるだけで違うと思います。
そのあと「目が合ったらどうしよう。僕は期待に胸を高ぶらせ、そのばからしさにため息をついた。」と付け足す。とか?

あと店長が十年前の事の顛末を知っていたくだりからがちとしつこい。
せっかくいい雰囲気を作ったのに、それに浸る余韻がつぶされています。
推理ドラマのラストで犯人がお涙頂戴の独白をしだす場面の興ざめ感(主観ごめん)。
私なら店長の語りは丸々カット、
手紙の意味を考えるくだり(「痛ましいなと、店長が呟く。」まで)もカットします。

77 :スペースNo.な-74:2013/11/15(金) 14:16:41.56
>>67
面白かったです。最初の店や天気の説明は少々退屈でしたが、回想シーンから引き込まれました。
登場人物全員(店長以外)身勝手で病んでるなと思いましたが、その辺も含めて自分好みでした。
ただ、他の人も書いているとおり
「死なないでください! 駄目です〜」は唐突な印象を受けました。
店員が客に熱烈な片思いをしているとか、親友が昔自殺してそのことがトラウマになっているとか
何か納得できる理由をつけたらいいかなと思います。

ラストの遺書はいろいろ想像させられて印象的でした。
あの好意を踏みにじるような文面は店員の罪悪感や後悔を煽るために書いたもの
つまり客の男性は相手の罪悪感を煽らずにいられない性格で
昔の恋人もああやって事あるごとに罪悪感を煽り立てて(オレがこんなところにいるのはおまえのせいだ、等)
最終的に狂わせて自殺に追い込んだのだろうというように自分は解釈しました。
ただ、後味が悪く万人受けする話ではないので、
その辺のメンヘラっぷりがわかりやすく表現されていたらもっと面白い話になったのではと思います。

78 :スペースNo.な-74:2013/11/16(土) 00:01:45.20
後味悪い話は好きだけど、そういう意味ではこの作品は
ありきたりすぎるし、ひとつひとつのエピソードが弱く
登場人物に魅力がない。人物に興味が持てたら
面白く読めるかもしれないけど…

現状では主人公が熱くなってるのを遠くから
「なんで?」と思いながらながめてるような読後感でした

79 :スペースNo.な-74:2013/11/16(土) 00:08:42.40
>>67
大体上記の感想と一緒
後味の悪い話を描こうという狙いは分かるけど
それがあからさま過ぎるし意外性もないので興味が持てない
店員が惚れる客に関しても皆がそこまで入れ込む魔性の男にはどうしても思えないので
やっぱり人間に対する描写が薄すぎるんだと思う
書きたいと思う話だけが上滑りしてて肝心の登場人物がそれに見合ってない
後味が悪いというより登場人物の訳の分からなさにイラつくだけの話だった

80 :スペースNo.な-74:2013/11/16(土) 23:26:03.37
作品URL:ttp://yumedamauru.web.fc2.com/text/sarashi.html
期 間:11/16〜11/23(一週間)
説 明:一次創作、ファンタジー
注意点:人が死んだり流血したりする描写あり
目 標:後味すっきりした感じに終わらせたいなと。
希 望:キャラクターは分かりやすいか
    世界観はつかめるか
    楽しく読めるか       の三点を出来れば
備 考:後々サイトに連載開始予定のオリジナル小説の1話です。
    小説が出来る以前からサイト内でキャラがほぼ確立していたので
    キャラ小説と言った方が良い感じでしょうか。

小説は以前から良く書いては居ましたが、
今まで批評らしい批評を受けていなかったため自分がどれほどのレベルかよく分かりません。
辛口で良いのでお願いいたします。

81 :スペースNo.な-74:2013/11/17(日) 00:40:32.96
>>80
余計なお世話かもしれないけど、一次なら「メタルスライム」は止めたほうがいい気がする……

82 :スペースNo.な-74:2013/11/17(日) 01:08:26.38
>>80
拝見しました

・キャラはわかりやすいか
わかりやすいです
80さん自身もキャラ小説と仰る通り、登場するキャラが「テンプレ」的でしたので、
キャラの性格やキャラ同士の関係等も想像しやすいです

・世界観はつかめるか
話が短いのでなんとなくしかわかりませんが、上記にも書いたように
キャラクターがテンプレ的なので、よくあるどたばたファンタジーものが思い浮かびました

・楽しく読めるか
文章が少し読みづらく頭に入ってきにくかったです
ストーリーよりキャラが目立っているので流れが掴みにくい
キャラ小説を書きたいのはわかりますが、読み終わった後は全体がぼんやりして
メインのキャラ二人だけが頭に残っている感じでした
後半部分でオチの部分を設定(世界観)とともに一気に説明されてもついていきにくい

気になった点として、同じ言葉が連続して出てくる(特に、言う、出来る、が目につきました)
平易な同じ表現が、ややくだけた地の文のあちこちにでてくるので拙い印象を受けます
あと情景描写が足りない
どこにいるのか、なにをしているのか、ぱっと思い描けないです
世界観、キャラ共にテンプレ的なので、なんとなく頭に浮かんではきますが
読み手の想像に頼っているように思いました
また内容とは関係ありませんが一文ごとに改行されると読みづらいです

83 :スペースNo.な-74:2013/11/17(日) 01:13:25.93
>>80
他愛ない じゃなくて たわいない だよ

84 :1/2:2013/11/17(日) 02:11:31.71
>>80
・キャラクターは分かりやすいか
性格などの内面に限れば分かりやすいです。
対して、外見は殆ど想像付きません。黒のワンピースって言ったって色々ですし、
カズやウィンドになると姿の描写がほぼ無くなってしまって全く分からない。
特にウィンドはどこがどう猫なのか(或いは人なのか魔神なのか)さっぱりです。

・世界観はつかめるか
ファンタジー? という位で世界観というほど明確なものはつかめませんでした。
最初にメタルスライムと出てきてしまったので某国民的RPGを思い出してしまい
そしてそれが合ってる(近い)のかどうかの判断も付きません。

・楽しく読めるか
「舐めやがって……行くぞおまえら!」
「うおおおおおぉぉぉ!!」
冒頭部のこれでちょっとぐったりしました。
状況を詳しく描写をせず、一端だけ書いて読者に投げるタイプかなと……
実際読んだ印象もその通りで、情景が想像できずいまいち入り込めません。
色々と読み手側に投げすぎの感があります。

85 :2/2:2013/11/17(日) 02:14:21.93
>>80
気になった部分
冒頭部、自分から洞窟などという、出口があるかどうかも定かでないような所に
逃げ込んでおいて「逃げ場が無い」は迂闊すぎます。
しかも後の描写によればその森をいつも逃げ場にしているらしいのに。

ギルド側、挑んで生き残った者が「よく逃げ回る小物みたいな奴」と言っていても
多額の賞金が掛けられて尚、時に死人も出しつつ逃げ延びている魔物の危険度を
甘く見すぎに思えます。しかも街を襲ったりしてないのに高額賞金ですよね?
追っ手、つまり腕に覚えのある者を返り討ちにするだけで賞金が高額になってるなら
逆に考えればそれだけ危険だということです。
小さなギルドだから考えが回っていない、という描写もないので気になります。

後半、「邪気がないのは〜」から天使や魔道書について述べられていますが、
それだけのことを知っていながら、カズを天使と看破できないのは何故なのでしょう。
認識できない言葉、魔道書と、これだけ特徴的な大ヒントがあるのに。

>投げられた瞬間硬化した髪は、そのまま一人の人間の脳天を串刺しにする。
脳天とは頭のてっぺんのこと。串刺しにするなら上からしかないのですが、
描写からはまっすぐ投擲したように思えます。
更に言うと髪を元とした針がそれほど重いとは思えないので、上に投げ上げて
落下の勢いで貫いたとするのも無理がある気がします。

>青い羽衣に白い服
羽衣というのは布のこと、ひいては衣装そのもののことです。

色々と練られていない印象を受けます。
行動や設定に一貫性が感じられず、キャラも作者もいきあたりばったりのような。
お話の背景や理屈などもももう少し考えられてはどうでしょう。

86 :80:2013/11/17(日) 08:05:26.16
ご指摘ありがとうございます。

>>81
キャラ自体は一年ほど前にイラスト突きで公開されてから
種族:メタルスライム表記でしたが誰にも指摘されたことがなかったので
普通にスライムの一種として考えてました。
ちなみに棒国民的RPGはプレイしたこと無いです。

>>82
しっかりとした批評をありがとうございました。
拝見させて頂いて、全体的に描写が足りなさすぎるんだなと思いました。
前述の通り、元々キャラクターが確立された後でのキャラ小説なので、、
見た目や背景などの描写が疎かになってしまっていたかも知れません。
設定や行動の矛盾など、もう少し練り直さないと行けないと思う所も多々気が付くことが出来ました。
ありがとうございます。
ちなみに、「羽衣〜」の描写は天女が着ているような奴を表してます。
広辞苑にもそうあったのであってると思ってましたが…

>>83
たわいないからの当て字変換で他愛ないと使うことが出来ますよ。

87 :80:2013/11/17(日) 08:51:42.22
連騰失礼します。安価ミスごめんなさい。
>>82>>84宛です。
こちらが>>82の方への返信になります

>>82
一応キャラを覚えて貰う趣旨なので、
既読後にメインキャラが頭に残っていればある意味成功なのかなと、少し思ってしまいました。
今までは二次創作作品しか書いてこなかったので、そのノリで書いてしまった武武が多いです。
文章能力については……もっと勉強してきます。
同じ言葉を使いすぎると言う所も今後気をつけていきたいと思います。

88 :スペースNo.な-74:2013/11/17(日) 10:05:18.89
羽衣は、依頼者の言う通り天女がつけてる薄い布であってるよ

89 :スペースNo.な-74:2013/11/17(日) 10:44:28.08
>>80
拝読しました
辛口です

まず、楽しんで読めるかという点ですが、少年が「僕は×××だ」と言い始めたあたりで読者としては読む気をなくしました
話の興味を引っ張る謎がなく、ようやく出てきたその謎もあまり面白そうに思えなかったからです
評価なので最後まで読みましたが、終盤のネタ明かしを読んでも「ああ、やっぱりこのパターンか」といった感想しか持てませんでした
キャラ小説なら話はテンプレでも構わないと思います
その代わりキャラに魅力や個性が必要になってくるのですが、この話のキャラは話を引っ張る力が弱すぎるように感じます

キャラクターについて、という点になりますが、他の方もおっしゃる通り、外見の描写が少なすぎます
ベッタベタですが、冷めた毒舌家のメルトが外見だけは可愛い萌え系のロリ美少女……といったようにギャップを持たせたり、
逆に性格まんまのクールな美少女にしてウインドあたりに「普通冷たい美少女ってのは心は優しいものなのに、あんたは見たまんまでつまらないのにゃ」なんて言わせてみるとか
また、服のセンスがものすごくド派手で、でも本人はそれに気づいてなくて、「なんでいっつもすぐに見つかるのかしらねえ」なんて呑気に考えてる……
といったように性格の一面を語らせたりすることも外見描写で出来ると思います
とにかく、外見描写を疎かにするのはもったいないですよ
あと、細かいことですが、だらけたコートとラフな服装の違いがわかりません
だらけたコートもラフな服装の部類に入ると思います

全体的に、キャラクターの演出が足りないように思います
話のほうも、連載ということですし、次回への引きのようなものがあるといいのではないでしょうか

最後にメタルスライムについてですが、某ゲームをプレイしたことのない私でも気になりました
サイトで指摘がなかったとのことですが、個人サイトで管理人にそういうことを指摘する勇気のある人はあまりいないんじゃないでしょうか
気になったので一言
失礼しました

90 :80:2013/11/17(日) 12:12:24.16
>>89
ご意見ありがとうございます。
ストーリーとして1話は世界観の説明やキャラの確立に使おうと思い、
あえて1話で終わるような構成にしようと思って次回への引きが薄い感じになっていました。
また、キャラクターの方は絵があるから良いやと完全にイラスト頼みで書いてました。
とはいえ、次回も読みたいと思わせないと連載なんて出来るはずもないので
そこはもう一度練り直さないといけないですね。

メタルスライムは気になる方が多いようですね……
スライム成分を消したら彼女のアイデンティティが無くなったようなものなので
(今回の話には全く出て来てませんが…)
普通のスライムと言うことにすればいいのでしょうかね?
相互サイト様との絵茶会などでメルトの話がよく出ますがそこから例のRPGに繋がったこともなく、
連想されるとも言われずだったのでいいかなと思ってましたが、もう少し深く考えてみます。

関係ないですが自分の書き込みの誤字の多さが……。すいません。

91 :スペースNo.な-74:2013/11/17(日) 12:59:19.99
>>90
えーと、もう〆られてるかと思いますが蛇足で
話本体の評価は他の方とほぼ同様ということで
スライムに関してなんですが

大多数のファンタジーではスライムというと
不定形のゼリー状の怪物のことを指します
知能もないです
例のゲームスライムは鳥山氏のデザインで丸っこく
喋ったり仲間になったりもしますがこれはあのゲーム世界だけのスライムです
別の創作物で似た怪物があったとしたら影響された派生といっていいと思います

なので、この話のスライムの設定は、ある程度ファンタジーを齧った者は
かなり違和感を抱くと思います
昔から知名度のある怪物ですから一般的に流通している設定と差異がある場合は
そこを細かく説明するのは必須かと思います

92 :80:2013/11/17(日) 13:44:31.20
>>91
スライムが知能のない不定形物のモンスターだと言う事を分かっていてやってます。
「何でスライムが人型になってるの? 何で普通に喋ってるの?」と思わせて
連載の中で風呂敷を広げていこうと思って居たためです。
それ以前に例のRPGでのスライムが喋ることすら知りませんでした。
連載物というくくりに甘えて、設定描写を疎かにしてしまったのが原因です。
以後気をつけます。

93 :スペースNo.な-74:2013/11/17(日) 13:49:11.60
4と5には出てくるな喋るスライム(ホイミスライム)

94 :スペースNo.な-74:2013/11/17(日) 14:43:00.66
プルプル
ぼくはわるいスライムじゃないよ

3にも

95 :スペースNo.な-74:2013/11/17(日) 15:00:16.14
もういいでしょ
スライム的なものが化けて人間の形になるのだって
ありきたりなんだし

96 :スペースNo.な-74:2013/11/17(日) 15:42:35.38
メタルってついちゃうとどうしてもなぁ

97 :スペースNo.な-74:2013/11/17(日) 18:01:53.16
足りないと言われてる描写も兼ねて、メルトの外見をしっかり書いたあとで
戦闘の際に「本当は金属軟体の魔物」って事が解るようにしたらどうだろう

>>92の思惑を鑑みてもメタルスライムって単語は避けた方が無難だと思う
キャラとして有名すぎて、少なくとも知能があることを不思議に思ってもらえない可能性は高い

98 :80:2013/11/18(月) 19:20:18.72
ご意見色々とありがとうございました。

>>95
人型になって話すけど軟体で水っぽいスライム娘は結構知られてますけど
人間と見分けが付かないレベルのスライム娘ってあまりいないかなと思ってノリで生まれた子ですので…

>>97
メタルスライムという単語を出さずに金属軟体から生まれたスライムという感じに
あくまでもあのRPGの派生ではないと言う事を書くようにします。

99 :スペースNo.な-74:2013/11/18(月) 22:12:44.05
人間に完璧に擬態するスライム、つかモンスターなんて普通にあるじゃん
なんか読んでると(レス含め)世間知らず感バリバリだよ

100 :80:2013/11/18(月) 23:03:20.13
>>99
確かに自分は結構な世間知らずだと思います。
だからというか、>>80の方で申しました通り自分のレベルを知りたいと思い書き込みしました。
2ちゃんねるも今まで全くと言って良いほど見てませんでしたし
自分の興味のあることしか調べたことがなかったので独りよがりなものになってしまったのかなと思います。
小説の書き方といい、色々なものを含め精進するつもりです。
不快に思われてしまわれたのでしたらすみません。

101 :スペースNo.な-74:2013/11/18(月) 23:29:31.55
スレの上の方でも自分の文章レベルが〜と言っている依頼者が
2人くらいいた気がするが、「レベル」って具体的にどういう事なんだろう?
文章のレベルと物語のレベル(?)はまた全然違うもののようにも思えるしね

レベルとかではないけど、80の作品は小学生くらいの「児童向けファンタジー」に感じた
平易な表現、極端に少ない状況描写、会話は多く、口調がマンガチックなので

102 :スペースNo.な-74:2013/11/18(月) 23:36:01.78
>>80の作品とレスを読んで
書いた人の性格って作品に反映されるんだなと思ったわ

103 :スペースNo.な-74:2013/11/19(火) 00:03:35.82
人格の話はスレチ

104 :スペースNo.な-74:2013/11/19(火) 00:07:52.77
すまん>>101に補足。別に難しい言葉や凝った表現が良いと言ってるわけじゃないよ
とりあえず小説をいっぱい読んだほうがいいと思う

105 :67:2013/11/22(金) 02:01:44.33
まとめてのレスですみません。
たくさんの批評ありがとうございました。

キャラクターの心情の変化が突飛すぎて理解できないというのは
私自身、後々読み返しながら感じました。
プロットを追うことに必死になってキャラや物語を掘り下げられていなかったようです。
自分の中でのみ完結せず話の中でキャラに共感できるような描き方をしたいと思います。
表現の誤用は知識不足ですね…気を付けます。

レイアウトに関して、途中から文字サイズを少し変えました。
人に見せるという意識を持たないとだめですね…。

ありがとうございました、勉強になりました。

106 :スペースNo.な-74:2013/11/22(金) 02:08:52.71
>>105
乙!自分は面白かったよ
次の作品も読んでみたいです、お疲れさまでした

107 :スペースNo.な-74:2013/12/05(木) 20:47:57.93
晒してみたいんですけど、人いますか?

108 :スペースNo.な-74:2013/12/05(木) 21:00:28.34
はい

109 :スペースNo.な-74:2013/12/05(木) 21:20:41.94
http://www5.pf-x.net/~wannabees/cgi-bin/upload/src/si3738.txt

作品URL:ttp://www5.pf-x.net/~wannabees/cgi-bin/upload/src/si3738.txt
期 間:3日間
説 明:ファンタジー系小説の冒頭です
希 望:・文章はおかしくないか
    ・続きが気になる展開かどうか
    ・その他改善点などがあれば何でも

しばらく、小説から離れていたのでリハビリがてらに書いてみました。
よろしくお願いします。

110 :スペースNo.な-74:2013/12/05(木) 21:23:15.88
すいません、晒し中の記載がなかったです

こちらでお願いします
つttp://www5.pf-x.net/~wannabees/cgi-bin/upload/src/si3739.txt

111 :スペースNo.な-74:2013/12/06(金) 06:54:16.46
>>110
読みました。
文章がおかしくないか、ということですが、ずばり言います。おかしい。
とくに、接続詞、接続助詞の使い方が気になります。
文章の前後が繋がっていませんが、自分で気がつきませんでしたか。何度も読み返しましたか。
例えば、まぶたから光が漏れる、目の玉が蛍光灯か何かですか。そういうキャラですか。
丁寧に描写しようとしているのは分かります。情景が思い浮かびそうにはなりますが、
文章のミスが気になり、自分の頭の中で組み立て直してばかりで、最後まで物語に入っていけませんでした。

台詞まわしは悪くないと思います。しかし最初、畳の部屋に薄っぺらい布団を想像しました。
舞台が西洋的なのか、東洋的なのか、近未来的なのか、そういった記述がもっと欲しいところです。

おまけ
これは個人的にですが、()で心の声を書いてある小説は苦手です。

112 :スペースNo.な-74:2013/12/06(金) 08:59:36.41
>>110
・文章はおかしくないか
相当おかしいです。上の方が挙げている文法的なミスもですが誤字も酷い
冒頭から「目に移った」(正しくは映った)「視線の淵」(正しくは縁)と誤字連発
せっかくのカッコいいシーンを描写したのに台無しでもったいないです
文章を何度も読み返すこと、気になる字は辞書を引いて確かめることを強く勧めます
違和感の多い文章ばかりが気になりお話の内容が頭に入ってこないレベルで酷いです

・続きが気になる展開かどうか
セリフ回しは上手でシチュエーションの設定も悪くないと思います 面白そうな話だと思いました
冒頭で謎の男が立ち去っていくところを見せたり何か大きなことが起こったのだなと
言外に感じさせたりする部分がちりばめられているので
何が起こったのか知りたいなという気持ちは湧きました

・その他改善点などがあれば何でも
上で続きが気になると書きましたが、それはあくまで評価と割り切って最後まで読んだからです
序盤から文章の違和感が酷くもしこれが一般サイトにおいてあれば自分は多分冒頭でやめてます
とにかく文章の読みにくさ、違和感の大きい表現を改善していくことがまず一番だと思います

一例として本文中の違和感を感じるところを抜き出します(他にもいっぱいありますが)
「男も突然の出来事に派手に慌てていたものの、気持ち悪さと脂汗、そして、先ほどまでの眠り続けていた身体である。即座に気が遠のき始めた」
慌てていたという事実と結局それに逆らえず意識が遠のきはじめたということを繋げるには『派手に慌てていた』を強く打ち消さなくてはいけないのですが
その打消しが弱いせいでなんだか座りの悪い文章になっています
あと派手に慌てるという表現もここでの様子にそぐわないし、即座に気が遠のくという表現もおかしいです
(即座ってほんとうすその場ですぐってことなのに直前には慌てていたのだよね・・・と疑問符が付くからです)
「男も突然の出来事に酷く慌てていた。だが、先ほどまで眠り続けていた身体である。
気持ち悪さと脂汗の感触に襲われると同時にたちまち気が遠のきはじめた」
と基本の言葉を変えずとも文章の繋がりや順番を少し直し形容詞を適切にするだけ大分違和感が減ります
丁寧に推敲して違和感をつぶしてみてください

113 :112:2013/12/06(金) 19:21:11.59
上の>>112後半急いで書いてたらうっかり「違和感を感じる」という書き方をしてしまった
正しくは「違和感を覚える」です
誤字や違和感の指摘をしながら間違えてしまい申し訳ない

114 :スペースNo.な-74:2013/12/06(金) 20:02:58.77
>>110
>>111の方と同じく、西洋なのか東洋なのかわからないまま読み終わりました。
最初西洋的かと思ったのですが、名前が出てきて、東洋的なファンタジーなのか?と。
でも具体的描写に乏しいので結局はわからずじまいでした。

本当に序盤の序盤というシーンだけな上、よくある始まり方なので
特に続きが気になる「展開」ではありませんでした。
あと好みの問題かもしれませんが、三点リーダとダッシュをあまりにも多用しすぎてる気が。

文章は確かにおかしい部分がありますが、その割に読みやすく、途中で読むのが
嫌になるような事はありませんでした。推敲しておかしな部分を直していけば
文体はシリアスなファンタジーものに合っていて、自分は結構好きです。

115 :スペースNo.な-74:2013/12/06(金) 20:13:52.46
>>110
文章に関しては他の人が挙げられているので別の点を

この話、「あらすじ」でお聞きしたらそれなりに興味が沸くと思います
竜の生息しているファンタジー世界らしき場所で銃で戦う反逆者がいて…
という、ベタといえばベタですが、設定があまりにも個性的すぎると
よほど説明を費やさない限り読み手の想像力が追いつかないので
「どこかでありがちな設定に少し独創性を追加」の部分はそれでいいと思います

でも「あらすじ」なら面白そうなんですが、いざ文章を目にすると魅力を感じません
凝ろうとして外してしまったのか表現自体がもたついているのは脇に置いても
人物の言動があまりに薄っぺらいので共感はおろか、理解もできないのです

主人公が人としての感情がないという設定が隠されていない限り、
オープニングは驚愕するのが当然という場面を連続して作ってらっしゃいますよね
敗北したのだろう戦闘。見知らぬ場所での目覚め。負傷している体。見知らぬ人物との遭遇。
説明が浅いので見過ごしがちですが、設定的には銃が使のことや反逆者のことや
これ、ぜーんぶ、主人公視点からいったら驚きの連続だと思うのです。
でも、(おそらくは命や価値観自体を揺るがすほどの)その驚愕がほぼ
少ないセリフだけで終わっているので、そこまで重要なことに感じられません。

読みやすさを意識してセリフ中心にされたのかもしれませんが
驚きを表現したいならきちんと説明がないと読者、置いてけぼりです
突然「銃」が出てきたのも竜がいる世界観の中では特徴的のはずですが
これも、つら〜と平板な説明と、セリフ上の驚きだけで流れてしまいました。
ここが重要なのか、忘れてしまっても問題ないエピソードなのかも判断できないです。

続きが知りたいかと問われたら「あらすじ」なら知りたいかもしれません
でも、この文章では読みたいと思わないのが正直な気持ちです

116 :スペースNo.な-74:2013/12/06(金) 23:33:04.00
>>113
違和感を感じるは辞書の用例にも載ってるぐらいだから間違いじゃないよ

117 :スペースNo.な-74:2013/12/07(土) 00:41:34.95
>>110
全体の感想ですが、他の方も書かれているように読者を置いてけぼりな印象です
舞台設定とキャラ設定がはっきりと明かされないまま物語が進んでいるので、
きっとこれからも明かされないまま物語が進むんだろうなと思いました

普通はそんなことは思いませんが、そう思ってしまった理由は
おそらく動きの描写が丁寧なわりに舞台とキャラにはそれが全く感じられず
とても不親切な印象を受けたからです。なので続きは読みたいとは思いませんでした

あと気になってしまったのが、
ゴホッゴホッは「」に入れない方が良いと思います
ギャグ調に感じます
「(略)――――うっ!! ぐっ!! ゴホォッ!!」
これを見た瞬間にふき出してしまいました

最後にもう一つ、…………を……にしない理由はなんでしょうか?
あまりにも…………を多用しすぎていて沈黙が安っぽいです

文章の読みにくさはそれほど感じませんでした
私は問題なく最後まで読めました

118 :スペースNo.な-74:2013/12/07(土) 03:59:57.45
作品URL:ttp://lllsarashilll.web.fc2.com/1.html
期 間:10日程度
説 明:二次女性向け(BLではないです) 約11000字 フェイク有
目 標:・ある程度無難に文章を読んでいけること。悪くないこと
    ・空気な内容ではないこと。何かしら引きつけるものがあること
    ・質を上げたい、良いと思われる部分を増やしたい

希 望:・読むのに使った体力と内容の充実度は見合っていたか
    ・文章内容合わせて作風自体の伸ばすべき所、直すべき所はどこか
    ・その他あればなんでも

備 考:何となく書き方が固定されてしまっているので、これで良いのか、
   良くないなら抜け出すにはどうしたらいいか、アドバイスがあれば助かります

よろしくお願いします

119 :スペースNo.な-74:2013/12/07(土) 10:45:48.83
>>118
フェイク用に名前を変換してるようですが、既存キャラの個性的な名前にされてしまうと
そっちのイメージがついてしまって損してると思います
実際私は冒頭であのアザラシみたいなキャラが横たわってるかわいいイメージで読んでしまったので
少し展開についていけませんでした。

最後までは読めませんでした。風邪ネタは二次創作では定番ですが、そのキャラが好きじゃないと
楽しめないネタでもあります。しかも最初から最後までそのネタなので退屈に感じて
途中かなり読み飛ばしています。別のネタだったら、読んだかもしれません
あとBLではないと書かれていましたが、ジョルジュが過保護すぎるのでBL臭さを感じました

文章は、ある程度無難に読めるかと言われれば、特に日本語の破綻はしていないので読めるのですが
ものすごい説明文になってしまっていて、魅力を感じない部分が多いです。例えば
>新巻自身はお構いなしに夢の中だとは言え、この人に仕えるジョルジュからするとこのまま放置しておくわけにはいかなかった。
とか、
>つまり新巻は三日と大人しくしていられず、ジョルジュの目を盗んで機構の製作に勤しんでいたのだ。
>先程ジョルジュに状態を確認するように言い付けたのも、新たに作った部分の動作が心配だったからだ。
これはこういう事なのだ、これはこうだからだ、といちいち地の文で説明している箇所が多すぎます。
説明文を読んでいるようで読んでいて「ふーん」となってしまって入り込めません。台詞や表情や話の展開などで、
もっと説明文を減らすようにすれば質が上がると思います。

元ネタを知らないのですが、キャラの描き方は良いと思います。元を知らなくてもこういう性格なんだな、
というのが伝わってきます。

120 :スペースNo.な-74:2013/12/07(土) 11:48:03.98
>>118
私も元ネタは全く分からないので、オリジナルとして読みました。
>>119さんとほぼ同意件です。
最後まで退屈で説明くさい。
興味のない家電の取り扱い説明書を読んでいるようでした。
また、キャラは二人とも鉄仮面に感じました。
二次なら読む人はキャラが頭の中で動くので、表現不足でも補正が効きますから、
どうしても読者の想像力に頼った書き方になりがちなのではないでしょうか。
文章自体に大きな破綻はないと思います。
ストーリーは、主人が風邪を引いたが休まないので従者が画策し、ラスト主人に化粧した、

ということでしたが、ふーん、で?それが何?と正直な感想です。
淡々と書かれるのが特徴でしょうか。
それは作家の持ち味として良いと思いますが、作品が無味乾燥していては、退屈なだけです。
もっと、表情、音、香り、体温といった、視覚、聴覚、嗅覚、触覚などに訴えられるような、
確かな表現力を身につけていかれると良いかと思います。
ストーリーに生命を与えれば、同じネタでも格段に違ってきますよ。

121 :スペースNo.な-74:2013/12/07(土) 12:03:52.42
>>118
全読しました。
名前は気にしなかったです。

・読むのに使った体力と内容の充実度は見合っていたか

ある程度無難に文章を読めるという点はクリアしていると思います。
ただ、一万字を超えている作品にしては話の内容がボリュームに欠ける印象です。
展開に意外性やメリハリがなく、同じ作者の他の話が読みたい! とまで思える内容ではありませんでした。


・文章内容合わせて作風自体の伸ばすべき所、直すべき所はどこか

[文体]
描写過多で、前後の内容と同じ説明を繰り返す文が多いように思えます。
>新巻はふらふらとした足取りでベッドへ向かい、力尽きたかのように倒れ込む。
>顔はまだ見るからに紅潮していて、口調もはっきりしていない。
>薬を飲んだとは言え完全に頭痛が取れた訳ではないのか、堪えるような眉間の皺も残っている。
>一見して、体調が戻った訳ではなかったのは明らかだった。
最後の文章さえあれば意味は通じますし、病人の様子を書きたいのだとしても表現が多すぎますよね。
またキャラクターの動作に逐一こういった説明がついて回るので、話のテンポが悪く間延びしたイメージがあります。

[内容]
おそらくこの作品で表現したいのは荒巻とジョルジュのやりとり、キャラクターの魅力ですよね。
その点を表現する描写や展開に欠け、結果魅力が薄くなっているように感じました。
会話をコミカルで軽快なものにする、そのキャラクター固有の行動をさせるなど。
彼らの触れ合いを書きたいのであれば、二人の精神的、肉体的接触を増やすとか。
現在は文章がほぼ状況の説明に終始してしまっているようなので、
それ以上の意味合いをもたせた表現を意識してみるとまた違うのではないでしょうか。

122 :スペースNo.な-74:2013/12/07(土) 17:59:57.15
>>118
> ・空気な内容ではないこと。何かしら引きつけるものがあること

これだけで読む気が失せた

123 :スペースNo.な-74:2013/12/07(土) 18:13:14.37
評価対象は「晒し中」と表記されている文章

124 :スペースNo.な-74:2013/12/07(土) 18:48:41.43
>>122
他スレからコピペすんなw

125 :スペースNo.な-74:2013/12/07(土) 18:58:46.89
>>118
> ・空気な内容ではないこと。何かしら引きつけるものがあること

これだけで読む気が失せた

126 :スペースNo.な-74:2013/12/07(土) 19:04:32.63
絡みスレに書くと必ず元スレにコピペされるから
あのスレまともに絡みスレとして使う人いなくなったんだが、
知らなかったのかわざとなのか

127 :スペースNo.な-74:2013/12/07(土) 19:22:49.46
>>126
流石にちょっと毒され過ぎじゃね…?
この板の絡みやヒミツスレは確かにキチガイ発生率はやたら高いが
コピペされるのを期待してわざとあっちに書く人なんかおらんだろw

128 :スペースNo.な-74:2013/12/07(土) 19:24:59.34
>>127
それがどうもいるんだな
IDでねーのに何の御利益があると思ってんだか

荒らしてほしい時などにご利用なさるお客様が
荒らし目的の奴なんかは、最初から思ったこと書けばすぐ荒れるのにアホウなやつ

129 :スペースNo.な-74:2013/12/07(土) 19:29:50.23
>>127
いたよ
いたから結果として更に使う人が減った

130 :スペースNo.な-74:2013/12/07(土) 19:44:11.90
>>128-129
え…マジで?事実は小説より奇なりだなw
どこでそれを判断したのかはちょっと興味あるけど

しかし、そんなつもりもないのにそういう人間だと思われるのも面倒くさいわな
この板で絡みたい時はどこに書けばいいんだか

131 :スペースNo.な-74:2013/12/07(土) 19:52:07.06
↓ここから何事もなかったかのように評価or評価依頼再開↓

132 :スペースNo.な-74:2013/12/07(土) 20:18:31.61
>>130
つまり、書き込んだのお前ってことだ
どこに行っても転載してやるからな

133 :スペースNo.な-74:2013/12/07(土) 20:24:29.33
>>130
>この板で絡みたい時はどこに書けばいいんだか
我慢を覚えればおk

134 :スペースNo.な-74:2013/12/07(土) 21:54:45.93
>>132
はいはい頑張ってねw

>>133
そういえば絡みスレに「転載はやめてね」って注意書き書いてる人いたね
まあ>>132みたいなキチガイ相手には無意味なんだろうが

135 :スペースNo.な-74:2013/12/07(土) 22:00:39.29
絡みの人流石にスレ違いのレスはそろそろ

136 :スペースNo.な-74:2013/12/07(土) 22:08:43.72
この板常駐の粘着転載については、みんな色々溜まってたんだな
と実感する流れ

137 :スペースNo.な-74:2013/12/07(土) 22:14:32.34
なんかスレチ話題で流れてるから一応7日時点で〆られてない依頼

>>109-110
>>118

138 :スペースNo.な-74:2013/12/07(土) 22:19:18.28
どうしたたぬき、幸せ太り?w

139 :スペースNo.な-74:2013/12/07(土) 22:19:58.13
>>136
5スレも消費してやらないことにした絡みスレをまだやりたいというのならば……

よかろう天才だ!

140 :スペースNo.な-74:2013/12/07(土) 22:25:29.90
>>134
>>133の内容を猛烈に聞いてないのにアンカつけるとは一体どういうことなのであろうか……

それを知るためスタッフは>>136に関係ないことを言ってみることにした
つまりメンヘルひさしぶり、と

141 :スペースNo.な-74:2013/12/07(土) 22:30:35.77
.

142 :110:2013/12/07(土) 22:55:17.61
ええと、>>110なんですけど、読んでくれた皆さん。ありがとうございます

久しぶりに書いたとは言え、相当変な文章だったみたいですね
推敲とかその辺にもう少し時間をとってみます

あと、地の文とか自分で言うのも変なんですけど、書き始めた頃より目に見えて下手になっているように思えるんですよね……
とりあえず、もう少しプロの文章とかを読んで練習してみます

なんか、空気を読まずに申し訳ありませんでした

143 :スペースNo.な-74:2013/12/07(土) 23:01:20.55
110は悪くない
乙でした

144 :スペースNo.な-74:2013/12/07(土) 23:01:36.68
>>142
自分は批評した一人で文章が変と書いたものだけど
こんな言い方は変だが色々おかしいところがある文章の割には読める方だと思う
だからこそ勿体なあとおもうだけなんだ(ほんのちょっと直すだけで変わると思う)

あとここは客観的評価を粛々とうける覚悟さえあるなら
どんなレベルの人間が依頼しても全然問題ないところだから
110の依頼も空気読めてないとかそんなことはないので気にすんな
ここで空気読めと言われるのはアドバイスを受け入れられずデモデモダッテする人だけだ

145 :スペースNo.な-74:2013/12/07(土) 23:03:04.40
>>140
>>134はただの嫌味だと思ったけど
ここは認定厨乙と言っていいのだろうか

146 :スペースNo.な-74:2013/12/07(土) 23:06:05.55
>>110
たまたま板常駐の荒しが沸いてるだけなのに
空気とか気にしすぎだよ…
それと>>1にもある通り辛口批評にはどうか泣かないで
個人的にはこの手のファンタジー設定好きだし、文体もいい雰囲気なので
頑張って欲しいです

147 :スペースNo.な-74:2013/12/07(土) 23:15:47.81
>>143
>>144
>>146
了解です
あと、批評に関しては全然辛口だとは思っていないので大丈夫です
リハビリ文章を晒した手前もっと厳しい批評は覚悟していましたので……
ただ、文章はそこそこ自信がある方だったので、まだまだ精進が必要だなと思い直しました
それでは、失礼します

148 :スペースNo.な-74:2013/12/07(土) 23:44:39.11
>>145
絡みスレの存続を願うものはメンタルヘルスに問題があると決まっているんだ……
メンタルヘルスのことを聞きたくないって?
メンヘル乙!!!!!!!!!!!!!!

149 :スペースNo.な-74:2013/12/07(土) 23:45:34.15
>>146
その一覧にメンタルヘルスに問題のある腐女子は含めてあるんだろうなーッ!!!!!!!!!!!!!

150 :1/2:2013/12/07(土) 23:55:22.84
>>118
>>120さんの
>表情、音、香り、体温といった、視覚、聴覚、嗅覚、触覚などに訴えられるような、
という部分に賛成です

わたしはこの話しを読んで、一番印象に残った色が「溶き卵の黄色」でした
これが一番印象に残る色ではちょっと淋しい

どのシーンでも、そこにどんな色があるのか、温度湿度はどうか、どんな匂いが
しているのか、などもちろん全部書き込む必要はありませんが、常に意識しながら
書くようにすればどうでしょう

熱を出すという美味しいイベントなので、あまりあっさり流さず
うるんだ目やいつもと違う顔色、身体のふるえ、息をするたびに上下する肩の
動きなどを説明口調にならないように(これが難しいんですが)盛り込めると、
読んでいて、萌えポイントになるかな、と
いくつか入っていますが、あっさりしていて印象に残りにくいです

分かってもらうために説明過多になっているのは、他の方の指摘どおり
そのために逆に、分かりにくくなっている部分があります
例えば
>待っていたと言わんばかりにすぐさま喉に流し込んだ。
>再びその場に寝転がる新巻を見て
なんだか動作がきびきびしているように感じて、あまり弱っているように思えませんでした

>熱はまだ引かないが、それでも少しずつ落ち着いてきている。
>汗ばんだ顔からは、まだ熱が高いことが見て取れる。
>病気が治らないので、おかしいと思っていれば

結局、病気は落ち着いてるのか、そうでもないのかどっち? という気分になりました
言いたいことは分かるんです
でも書きかたとして紛らわしいと思います

151 :2/2:2013/12/07(土) 23:59:03.07
あと、もったいないな、と思ったのが、過去に同じようなことが何度かあったという
設定なのに、それが生きていないことです

今回の熱が過去のどれよりもひどくて、うろたえるジョルジュを描写してみるとか
または、すでにパターンを把握しているので、主人がなにか言うよりも先にさっさと
動いて、あっという間にベッドに押しこんでしまうとか、
もっと色々と遊ぶ方法はあったように思います

みなさん言ってますが、文章自体は決して読みにくくはないです
重複していたり、紛らわしかったりする表現の削ぎおとしと、
逆にここは萌えポイント! と思うところは自分でもねちっこいかな? と思うくらいに
書き込んでみる、というようにメリハリを付ける工夫をしてみれば、
同じストーリーでもまた違った印象になるのでは、と思います

152 :スペースNo.な-74:2013/12/08(日) 00:09:52.56
>>151
ちがうメンタルヘルスだ!!!!!!!!!!!!!!!!!

メンタルヘルスのことを書かないでどうやってエヴァ描くんだ!???!??!?!?!?!?!

もっと精液臭いオナニーメンヘルストーリー書けよ!!!!!!!!!!!!!!!!!!!

153 :スペースNo.な-74:2013/12/08(日) 20:28:06.39
作品URL:ttp://www5.pf-x.net/~wannabees/cgi-bin/upload/src/si3746.txt
期 間:3日間
説 明:ファンタジー系小説の冒頭です
希 望:読んでみた感想をもらえるとありがたいです

はじめて書いてみたのですが、読んでくれるような人が周りにいないため晒させてもらいました
どんなに手厳しい意見でも歓迎しますのでよろしくお願いします。

154 :スペースNo.な-74:2013/12/08(日) 21:51:44.05
>>153
希望に感想を、と有りますがここ感想スレではないので評価のみです

行頭の字下げをしていたり、していなかったりするので
どちらかに統一した方がいいと思います
あと改行する場所もちょっとおかしい箇所があります

台詞回しが洋画の吹き替えみたいな感じですが、会話の内容は
西洋ファンタジー的ワードがいっぱい出てくるけど、
ものすごく薄っぺらく、正直つっこみどころがかなり多いです…
今のままだと雰囲気だけのファンタジーに見えます

はじめて書いた割には文章が意味不明という事もないので、
何作も書いていったら上達するんじゃないでしょうか

155 :118:2013/12/10(火) 20:02:02.02
多くの批評ありがとうございました
展開は自分でも平坦かもしれないと思っていたのですが
作者補正があってそれということは、きっと読者はよりそう感じたのだろうなと反省です
予定より話が長くなった時点で思い切って焦点や構成を見直すべきでした

描写過多は指摘されてああそうだよなあと納得です
調子の拘りや心配性を拗らせて無理して加えた物が多々あり
そこが説明臭さを加速させていたのかなと思います
狭い範囲ばかり見過ぎていたので、視点を広く持つよう注意していきたいです

淡々としているというのは特によく言われるので改善していきたいです
好みでやっている所もあったのですが、今のままだとどうも良い様に働かないようなので
今後ちょっと方向を考えないといけない箇所ですね…

今回投稿して、凝り固まっていた物が多く
その上色々意識の外に行ってしまってたんだなあというのに気付かせて頂きました
ご指摘頂いた点、挙げて頂いた改善方法はどれも本当に為になりました
是非今後の参考にさせて頂きます

評価を下さった方々どうもありがとうございました
思いがけず早期に沢山評価を頂けたのでここで〆たいと思います
また荒れる原因となり申し訳ありませんでした

156 :スペースNo.な-74:2013/12/10(火) 20:23:48.78
いや
お前は悪くない
悪いのは↓の元レス書いたあいつ

>>118
>> ・空気な内容ではないこと。何かしら引きつけるものがあること

>これだけで読む気が失せた

157 :スペースNo.な-74:2013/12/10(火) 22:27:54.25
作品URL:ttp://www.dotup.org/uploda/www.dotup.org4728290.txt
期 間:3日
説 明:一次クリスマス短編 現代 姉弟
注意点:ないと思います
目 標:
・日常をほっこりと書きたい
・目に浮かぶような情景
希 望:
・読みやすいかどうか
・情景が浮かぶか
その他、無駄な部分や説明が足りない部分があったら指摘をお願いします
備 考:
地の文が説明的だと思います
この文体でいつも書いていますが、もっと軽い方がいいのかと気になっています

158 :スペースNo.な-74:2013/12/11(水) 00:17:53.66
>>153
すみません
カイサルが出て来たあたりで挫折しました

とにかく圧倒的に説明不足です
冒頭のシーンなど、ファークルとリーベルしかいないのに
少し気を抜くと、どちらが戦士だったか忘れそうになるし、
どちらが言ったセリフかも分からなくなってきます

これは基本的に2人を、(一応リーベルには顔に傷があるようですが)
黒髪と金髪でしか分けていないし、話し方もほとんど一緒なので、
それが読んでいて混乱する大きな原因のひとつではないかと思います
まずはこの2人をしっかりと書き分けてみられてはと思いました

1人をくだけた口調にするなら、もう一人は真面目な話し方にするなど
話し方で性格の違いを出して、また、体型の違いやリーベルの傷のことなども
描写を増やしたらどうでしょう
その時に、ただの羅列にならないように気をつけて下さい
たとえば、2人の歩きかたを「優雅に歩を進める」と書くか「大股で歩く」と
書くかくかでり印象が違います
小さな積み重ねでキャラを印象つけて下さい

たぶん、>>153さんの中でかなりイメージが出来ているんだろうなと
感じましたので、まずは153さんが思っている2人の魅力が
どうやれば読者に伝わるかを考えて書くようにすれば、キャラがぐっと
ひきたつのではないかと思いました

159 :スペースNo.な-74:2013/12/11(水) 00:24:29.79
>>156
悪いのは荒し目的で転載するやつだろw
もしかして本人乙?

160 :1/2:2013/12/11(水) 01:56:49.18
>>157
やや辛口です

全体的に優しい雰囲気で、性格のまったく違う姉弟の日常が
ほほえましく感じられるようなお話でした
地の文について、読みにくくはないのですがやや冗長な描写が多いです
主語や指示語が過剰だったり、一文の中で意味が被る表現が出てきたりして
流れのスムーズさに欠ける部分が散見されます
行動描写も、ところどころ説明過剰な部分が気になりました

>肩透かしを食らった桂子はおざなりな返事で彼の言葉を流し、首をすくめた。

「おざなりな返事で」と「彼の言葉を流し」を両方はくどいような
「〜おざなりな返事で首をすくめた」だけでも充分だと思います

>彼女の言葉には何も返さず、楓はわざと大きな溜め息をしてみせる。

溜め息は「吐く・吐く・漏らす」ものです

>それだけを早口で言い捨てると、彼は背中を向けてさっさと帰路を歩き出す。
>彼女は慌てて小走りでそれを追いかけた。

「それだけを・帰路を・それを」
このあたりの言葉は二つ三つ省略しても充分意味が通ります

続きます

161 :2/2:2013/12/11(水) 02:04:47.23
個人的に語尾の「のだ」「〜なのだ」の断定口調はしっくりきませんでした
せっかくの情景の美しさや文章のテンポを殺しているようで…
二人が外に出たら初雪が降ってくるという流れはそれだけだと非常に使い古された印象があります
これを定番と思うか、ベタ過ぎると思うかは意見の分かれるところかも知れません

それと、舞台が明記されていないのでなんとなく関東圏などの
よくある都会の住宅街を想定して読んでいたのですが
(女子がホワイトクリスマスを喜ぶ状況ですし、少なくとも雪の多い地域では
ないという仮定の上で)
雪が降る時って、通常外気温はほとんど氷点下に近づいているものです
日が落ちて、日中の気温から更にぐっと下がっていることも多いですので
スーパーから外に出たばかりの小学生と中学生が
一度も寒がらないというのは、少々不自然な気がしました
雪の夜の空気感を出すには、外に出た二人のうち片方でも寒がるか、
あるいは寒さをこらえているような描写があれば
より臨場感が追加されたのではないでしょうか

162 :スペースNo.な-74:2013/12/11(水) 02:10:10.02
>>160の訂正です
13行目
「吐く・吐く・漏らす」
  ↓
「吐く(はく)・吐く(つく)・漏らす(もらす)」

読み方が違う同漢字なのを失念してました…

163 :スペースNo.な-74:2013/12/11(水) 21:44:52.49
>>159
いいや
悪いのはどこでも腐女子ルールを通そうとする腐女子だ

きさま本人だな!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!

164 :スペースNo.な-74:2013/12/11(水) 23:11:30.05
>>157
読みやすいし、情景も浮かびます

ただ、二次小説を読んでいるような気分になりました
一次としても中編または長編小説の一部分という感じで
これだけだと、ほっこりというよりは、とりとめのない印象です

とりとめのない印象になっているのは
ご自分でも気にしているように、地の文が説明的であることが原因かと
言葉は変えているものの、同じようなことを何度も言っているので
冗長に感じてしまい、面白さを殺してしまっている感じがしました
この内容なら、今の分量の2/3くらいで書けるのではと思いました

あと、淡々とした文章は決して嫌いではないのですが平坦すぎます
この話しだと弟の子どもっぽい部分を知り、姉が驚き感情に変化が起きる
シーンが一番の読ませどころなので、ここがクライマックスに
なるように強調して、このシーンにもっと光を当てて欲しいと思いました

風景の書きかたなどはかなり好きです

165 :スペースNo.な-74:2013/12/12(木) 00:11:50.15
>>157
・地の文が説明的だと思います
私もそのような印象を受けました。
特に主人公二人の描写。ただ設定を並べてるだけなので取ってつけた感が満載です。
そして説明に説明を重ねる文章が目立つので、結果内容を水増ししているように見えます。
>「ハウスで作ると光熱費が掛かるからね。
>ハウスの光熱費が野菜の値段に上乗せされているとか、
同じことを二度も言う必要はないのでは。

・この文体でいつも書いていますが、もっと軽い方がいいのかと気になっています
言葉の選び方によって作品の雰囲気が決まる場合があります。
ですので「淡褐色の双眸」という表現は、日常をほっこり描きたい作品にはそぐわないと思います。

他に気になったところ。
小三で塾に通うのって結構普通だと思います。

166 :スペースNo.な-74:2013/12/12(木) 00:43:20.10
>小学三年生なのに塾に通い、既に中学入試レベルの知識が頭に入っている彼は、

これ自分も同じ事思ったけど、「小学三年生なのに」は塾でなく
「既に中学入試レベルの〜」にかかってるんだと後で気づいた。でも1回でわかりにくい
句読点の位置が良くないのかと思ったが、「なのに」の所へずらしても何かおかしい
文章自体を少し変えた方がいいと思った

167 :スペースNo.な-74:2013/12/12(木) 00:53:02.77
>>166
>「既に中学入試レベルの〜」にかかってる
同じこと言おうと思ったらもう書かれてたw
自分はところどころ読み返してやっと全体を把握した
>>157は読みにくくはないが、情報が一度ですんなり頭に入ってきて
収まるべきところに収まる…という文章ではないんだよな

168 :157:2013/12/12(木) 08:00:36.07
全体的な意見として、やっぱり地の文がまわりくどいようですね
もう少し文の間引きをしようと思います
設定ももう少し内容と絡めて、取って付けた感の出ないようにします

今まで自分の作品を読み返していて、なんだか盛り上がらないイメージがあったのですが
文が淡々としすぎているからだったんですね…
でも、地の文で盛り上げるというのがいまいちピンときません
もう少し感情にスポットを当てると盛り上がりますかね

小三で塾、普通じゃないと思っていました…
だから、小学三年生なのに、はどちらもを修飾しているつもりでした
でも、確かによく考えたらくもんに行っている人は多かった気もします
そこの設定ももう一度見直します

あと、誰も書いていなかったのですが、
「事実でしょ。あ、玉ねぎ二個とじゃがいも一袋」
のところは
「事実でしょ。あ、玉ねぎとじゃがいも」
でした

169 :157:2013/12/13(金) 17:56:29.83
削除しました
批評を下さった皆様、本当にありがとうございました

170 :スペースNo.な-74:2013/12/23(月) 16:45:15.25
             / / }
           _/ノ.. /、
           /  <   }
      ry、     {k_ _/`;,  ノノ パンパン
    / / }      ;'     `i、 
   _/ノ../、   _/ 入/ /   `ヽ, ノノ
  / r;ァ  }''i" ̄.   ̄r'_ノ"'ヽ.i   ) ―☆
 {k_ _/,,.'  ;.  :.      l、  ノ  
    \ `  、  ,i.    .:, :, ' / / \
     ,;ゝr;,;_二∠r;,_ェ=-ー'" r,_,/   ☆
【ラッキーレス】
このレスを見た人はコピペでもいいので
10分以内に3つのスレへ貼り付けてください。
そうすれば14日後好きな人から告白されるわ宝くじは当たるわ
出世しまくるわ体の悪い所全部治るわでえらい事です

171 : 【大吉】 【74円】 :2014/01/01(水) 00:46:02.63
新年あげ
このスレにはお世話になってます

172 :スペースNo.な-74:2014/01/07(火) 23:50:49.39
ここって、サイトとかに投稿しているのを晒すのはありですか?

173 :スペースNo.な-74:2014/01/08(水) 10:02:28.15
>>172
>>1が守られていれば問題ないのでは。
このスレを遡ると投稿サイトからの晒しもあるようです。
期間を区切って消せるタイプが使いやすいと思いますが。

174 :スペースNo.な-74:2014/01/09(木) 00:39:53.88
サイトのURLそのまま晒してる人もいたよね
(もちろん晒し中表記つけて)

175 :スペースNo.な-74:2014/01/21(火) 21:16:40.66
age

176 :スペースNo.な-74:2014/01/28(火) 12:36:39.61
保守

177 :スペースNo.な-74:2014/02/06(木) 20:05:00.46
あげ

178 :スペースNo.な-74:2014/02/14(金) 19:20:31.87
age

179 :スペースNo.な-74:2014/02/14(金) 23:53:36.66
あがってなくね?

180 :スペースNo.な-74:2014/02/15(土) 01:30:49.21
評価をお願いします。2330字の短めの作品です。
作品URL:http://compilation-alexandrite.info/sarashi.txt
期 間:1週間くらい
説 明:ラノベ指向のSFオリジナル作品、どたばた系
注意点:ハルヒが苦手な人はもしかしたら苦手かもしれない
目 標:一人称の小説としてそこそこ楽しんでもらえる事
希 望:○主人公から見た別のキャラクター紹介に違和感が無いか
○地の文に過不足があるとしたら過多か不足か
○続きが読みたいと思うか否か
○誰と会話しているのかがわかりやすいか否か
○気になる点などがあればそれも
備 考:尻切れトンボになっているのは、時間制限を課して書いたためです。
そこが気になる方はごめんなさい。この文の結びについては、修正するつもりはありません。

181 :スペースNo.な-74:2014/02/15(土) 08:46:16.93
>>180
個人的な感想なので他の人の意見も聞いて判断してください。
・一行目に依頼主が領主であることを付け加えた方がいい
・僕が立てたのは←何を?ってなったので、僕が最初に立てた計画は〜で。もしくは僕が立てたのは〜という計画で。が良い
・括弧による補足を多用するのはテンポが悪いので、
何故か僕に懐いてきた娘に、旅の連れのセイスを目付役にあてがってから〜
が良い
・登場人物は全部で3人? 流して読んでいると黒髪黒目の連れと夜色の髪の青年が同一人物かどうかがわからなかった
・制限時間を気にしたためか後半が台詞ばかりになっている。人物の動きや周囲の状況などの描写を入れたほうが良い
・主人公視点なのでそういう話し方ともとれるが、読点が必要以上に多く感じた
会話からセイスは無愛想なのかな、と感じたのですかどうなのでしょう。

182 :スペースNo.な-74:2014/02/15(土) 22:34:02.96
>>180
楽しく読ませて頂きました。
辛口かも。気を悪くされたらすみません。

○地の文。量はともかく文章の質がもうちょっと欲しい。
全体的に表現がややわかりづらかったり少し違和感があります。
>>181さんの指摘にもあるように出だし一行目の文
気ままな旅の道連れ〜が主人公の相棒セイスである事
「(領主の)娘が家出したので〜」などの付け足しがないと
いきなり初見読者がついて行き辛いです。

書き手の頭にはストーリーが出来上がっているので短い文章でも
理解してもらえる気がつい、してしまいますが
初見の読者はまったくの手探り状態でその世界に触れる事になるので
特に物語の冒頭部分は解りやすい文章・表現で導いてあげた方が
読者も世界に入って行きやすいかと。

○続きが読みたいかどうか。 
よりクオリティが高く読みやすい文章であれば読みたい。
SF冒険モノの導入部分としての期待感は充分にあるかと。

○誰と会話〜。
時間制限のせいか意図的にか後半台詞の応酬になっていますが名前が無くとも
概ね誰の台詞かは理解できます。
おそらくそれ以前のシーンである程度登場人物のキャラ立てと紹介が済んでいる為で
ここが上手く行っていないと誰の台詞か理解しづらくなりそう。

叙述トリックなど特別な演出を考えていなければ
「私の名はジェイク。相棒の男はセイス。」など冒頭で
キャラ名出したりある程度の人物紹介を済ませた方が初見読者でも
キャラの配置や相関が頭に入って来やすいと思います。

183 :スペースNo.な-74:2014/02/15(土) 22:35:03.37
>>180
○気になる点。
↓個人的に気になった表現。人によっては違和感ないかも?
・肩をそやす…そびやかすの間違い?
・女性と指すには〜
・セイス「〜娘を領主の館に連れてくと伝えてきた」…領主側が伝えてきたのか
 セイスが相手に伝えたのか、が若干わかりづらい。

あとは領主が娘の捜索に報奨金を出す、というのはわりと大ゴトだと思うので
続きがあればその辺の背景なんかも触れられてると良いかな、と思います。


自分の文章を晒して評価してもらおうという姿勢は
大変に高評価ですので是非とも一本書き上げて
更なる自己表現を目指してください。

184 :スペースNo.な-74:2014/02/16(日) 00:09:58.07
>自分の文章を晒して評価してもらおうという姿勢は
>大変に高評価ですので

ここはそういう趣旨のスレだし
いくら評価する立場でも上から目線過ぎるだろ
相手に失礼過ぎる

185 :スペースNo.な-74:2014/02/16(日) 00:22:19.55
>>184
本人ではなさそうだけどいずれにしろ上からに感じたら御免なさいね。

ただそういう趣旨のスレと言ってもここ最近の過疎り具合を見ても解るように
(自身の作品を晒すってのは)
なかなか簡単に出来る事ではない、非常に勇気の要る事だと思っているから
>>183の最後のように書いたまで。

でもそういう向上心とか情熱こそが物書きとか創作家には一番必要な物だと思うから
褒め言葉に嘘偽りはない。

自分なりに>>180の文章を熟読して
本気で評価したつもり。

186 :スペースNo.な-74:2014/02/16(日) 01:01:25.34
御免なさいね()
嘘偽りはない()

187 :スペースNo.な-74:2014/02/16(日) 04:51:52.01
>>180
ラノベもどたばた系もほとんど読まないので的外れな感想になっているかもしれません。
・前半の地の文は描写が少なくてあらすじの羅列のように思いました。
 説明文ではなく、もっと具体的なエピソードの描写がほしいです。
 (ショートショートならその限りではないです)
・エピソードの説明文末を「〜で。」と統一してますが、連なるリズムの効果を狙ってるにしては弱いと思います。
・“僕”と“連れ”の関係・描写は先に出した方がいいかと思います。
・会話の人物はわかります。ただ会話だけで状況が変化していくのは分かりづらいです。
・続きは、ごめんなさい、興味をそそられませんでした。“僕”が魅力的に見えません。

188 :スペースNo.な-74:2014/02/16(日) 09:25:12.36
>>185
自分の文章が上から目線だと気付けない人の文章評価に客観性はあるんですかね

もしかしたら実生活で大作家先生なりプロの編集なりかもしれないけど
ここは皆平等な立場の名無し掲示板だからね

189 :スペースNo.な-74:2014/02/16(日) 10:46:24.58
時折湧くよな、作家様

190 :1/2:2014/02/16(日) 13:33:46.51
>>180
辛口。一応最後まで読みました
○少女の紹介には大きな違和感はないが、連れの紹介はやや不自然に感じた(後述)
○地の文は足りないことよりも整っていないことの方が気になった
○この文章のままなら続きは読めない
○後半は台詞ばかりの割には誰の台詞か分かりやすかったが、
 他の人も言ってるように連れを把握するまでには少々混乱した

・例えば1行目。最初、連れの娘が家出したのかと思ったら、「依頼を受けた」で別人の娘と分かり、
 脳内で情報を修正しなければならなかった
 細かいことだが、こういうことが積み重なると「読みづらい文章」になると思う
・家出娘を連れ戻すのに、父であり権力者である領主のお墨付きを貰っているのなら
 娘本人が何と言おうと最初から縄で縛って連れ戻しても問題ないはずで、
 なぜ娯楽を与えたり臭い台詞(?)を言う必要があるのかが分からなかった
 後半で「運ぶ」と言い出したために尚更最初の計画の意味が分からなくなった

191 :2/2:2014/02/16(日) 13:37:24.01
・「〜連れ出したのは、〜拾い上げた後で。」
 見つけ出してから連れ出すのはごく当たり前の順序のはずで、この表現にした意味が分からない
・「原住民の知識レベルではありえない〜」
 領主の娘ならそこそこの教養があってもおかしくなく、原住民が何を差すのか分からない
 悪い意味でひっかかる。もし伏線とするなら、こんな駆け足の部分ではなく丁寧に書いた方がいいと思う
・「春ごろに芽吹く萌黄色」 表現の重複だと思う
・「なんとかするのがあんたの仕事でしょ」
 同行するのが主人公側の希望でもなく、娘が主人公側に(父以上の)報酬を既に払った訳でもないなら
 おかしな言い分で、突っ込み不在のためモヤモヤするし、この発言のせいで娘を好きになれない
・「年のころは幾つだろう、〜」
 以前からの連れに対していうには流れが不自然に感じた
 連れが大人びた振る舞いや、子供染みた仕草をした後なら自然になると思う
・「親が子に諭すような距離感がある」
 何と何の距離のことか分からない

192 :スペースNo.な-74:2014/02/16(日) 21:39:49.87
そんな触れないでいいんじゃないか?
作家様とか読者様が現れるなんてどこ行ってもよくあることだしキリないぞ
もっとひどい上から目線の書き込みならここにだって前々から普通にあったと思うけど

193 :スペースNo.な-74:2014/02/16(日) 21:57:11.84
叩きが続いてるならまだしも時間見て書き込めよ

194 :スペースNo.な-74:2014/02/16(日) 22:14:23.53
>>193
そうか 申し訳ない

195 :スペースNo.な-74:2014/02/16(日) 23:25:20.73
>>188
ここはいつから他人の評価を評価するスレになったんだ?
本来スレに必要なのは依頼者とそれに対する評価のみで
>>183が自分の文章を評価してくれ、と依頼したのならともかく
>>184みたいに他人の評価の内容がどうだとかは余計なお世話じゃないか?

>>183を見て「なに?この上から目線の勘違い野郎キモッ^^;
こんな奴の言うことなんか真に受けるかよバーカwwww」

…とかは依頼者である>>180がスレ見返した時に心の中で
判定すれば良い事であって他人がしゃしゃり出る必要はない。

>>183が特別上から目線だとは思わないが
上から目線と客観性に何か関係あるのか?
上から目線だと客観的に評価できないの?

つーかこの手のスレで作品晒すのは手っ取り早く多数の読者に読んでもらって
age感想sage感想問わず広く評価を収集する事で
次作へのフィードバックに繋げる為だろう。
上から、下からとか問題にするような事か?

それよりも一人でも多く依頼者の作品読んできちんと評価つけてやれ。
どんな評価であれどう受け止めるかは依頼者が判断すれば良い。

196 :スペースNo.な-74:2014/02/16(日) 23:30:52.81
>>195
長文乙だが言ってる本人は評価しないの?

197 :スペースNo.な-74:2014/02/16(日) 23:34:16.44
>>196
既にしてる。

198 :スペースNo.な-74:2014/02/16(日) 23:40:33.04
>>197
ならレス番入れてそう書いとけよ
でないと
「他人の評価の内容がどうだとかは余計なお世話じゃないか?」を地で行ってることになる

ちなみに自分は今回は趣味に合わないのでスルーさせてもらった
評価者のごたごたが興味深くて覗いたクチ
評価内容への評価は大きなお世話だと思うが
評価態度への指摘はあってもいいと思っている
同じ物書き同士として183の発言が失礼というのに同意しているので

199 :スペースNo.な-74:2014/02/16(日) 23:46:55.78
>>192みたいな蒸し返し時間外注意がいかに愚かか実証された

200 :スペースNo.な-74:2014/02/16(日) 23:53:15.03
もう触れる奴は本人様認定でいいんじゃないかね

201 :スペースNo.な-74:2014/02/16(日) 23:54:54.66
謝罪して引っ込んだのをまた引っ張る必要ないんじゃないの
もういいだろこの話は

202 :スペースNo.な-74:2014/02/16(日) 23:57:17.25
>>201
引っ張ってる奴がどう見てもご本人様だろ

203 :スペースNo.な-74:2014/02/16(日) 23:58:12.33
185根に持ってんなw

204 :182、183:2014/02/17(月) 00:19:23.72
>>182-183の評価を書いた者ですが自分の所為で
荒れてしまったようで特に>>180さんには申し訳ない。

ただ>>185でも書いたけど自分では全然、上から目線な気持ちは無かったので
上から目線と言われて驚きと同時に心外です。

自分は所謂、読み専買い専で創作活動ましてや作品を発表するなんて
多少の興味は有ってもまだまだ腰が引けているヘタレのチキン野郎です。
なので投稿サイトやpixivなんかで作品を晒している人達は
本当に尊敬するし、こちらで作品を晒した人達>>180さんに関しても同様です。

読み専であってもそれなりに良作も読んで目は肥えている自負があるので
辛口目の評価になりましたが、別にこのスレは自らも筆を取っている
作家しか評価コメントしちゃいけない訳ではないですよね?

自分には無い勇気と創作への情熱をお持ちの>>180のような人は
素直に賞賛に値すると思うし、また今はまだプロには劣る力量でも
このスレなどで鍛練を積んでいつかはより大勢の人を楽しませるような
創作家になって欲しい。その時はついでに私も楽しませて欲しい。
…という応援する気持ちをこめて>>183の文章を書いたつもりなんですが…

自分では創作する勇気もないヘタレ野郎が何故か真逆の
上から目線…という事になっていて吃驚です。

余計な一文書かなきゃ良かったと後悔しきりですが
今後の為にも>>183の後半を上から目線と感じる方は
具体的にどの辺りを上からと感じるのか
指摘して頂けると有難いです。

205 :スペースNo.な-74:2014/02/17(月) 00:31:49.01
しつこい

206 :スペースNo.な-74:2014/02/17(月) 00:33:45.80
>>205
もうまじで触るなよ

207 :スペースNo.な-74:2014/02/17(月) 00:34:32.26
〜終了〜

208 :スペースNo.な-74:2014/02/17(月) 00:35:57.44
>>204
文章の評価依頼する時は該当の文章のどこかに「晒し中」と入れて下さい
ないものは評価対象外です

209 :スペースNo.な-74:2014/02/17(月) 00:36:49.49
>>208
>>206

210 :182、183:2014/02/17(月) 00:41:20.78
>>208
評価して欲しいのは>>183の文章なので…(´・ω・`)

コピペでも良ければ…おそらく該当部分↓

> 自分の文章を晒して評価してもらおうという姿勢は
>大変に高評価ですので是非とも一本書き上げて
>更なる自己表現を目指してください。

>「晒し中」

211 :スペースNo.な-74:2014/02/17(月) 00:44:19.28
〜終了〜

212 :スペースNo.な-74:2014/02/17(月) 19:28:06.58
ところで>>180はいつ頃くるんだろう

213 :スペースNo.な-74:2014/02/17(月) 20:44:25.22
↑なんで?このスレに初めて来た人?
晒し期間一週間って書いてるんだから、まだ評価依頼〆てもいないでしょ

214 :スペースNo.な-74:2014/02/17(月) 21:10:34.28
無駄な議論はもういいよ

終了

215 :スペースNo.な-74:2014/02/17(月) 21:23:23.05
>>180は小説の評価依頼をしてる人なので、議論とは全く関係ない
勝手に終了させるのはおかしい(>>212の発言の意図は不明だが)
まだ依頼締めてないようなので、私も後で評価書きます

216 :スペースNo.な-74:2014/02/17(月) 21:27:12.90
>>215
終了させたのは無駄な議論とか言い合いなんだが
当然>>180の評価依頼は続いている

217 :スペースNo.な-74:2014/02/17(月) 21:30:04.22
>>216の追記
>>180の小説は「〜で。」「〜て。」多用が無理で俺は読めなかった
だから評価できない。すまんかったな

218 :スペースNo.な-74:2014/02/17(月) 21:36:49.87
議論てまさか212と213?質問(?)とそのレスにしか見えないが
その前の変な流れならもう終了してるように見える

219 :スペースNo.な-74:2014/02/17(月) 21:46:16.08
そうだな悪かったよ

220 :スペースNo.な-74:2014/02/18(火) 07:45:48.75
終了とか書くな
紛らわしい

221 :スペースNo.な-74:2014/02/18(火) 13:28:47.18
お前らターゲット見つけると叩きまくるの好きなw

222 :スペースNo.な-74:2014/02/18(火) 13:36:34.81
叩かれることしてるんだから当然でしょ

223 :スペースNo.な-74:2014/02/18(火) 14:42:24.10
フルボッコざまぁww

224 :1/2:2014/02/19(水) 18:21:32.01
>>180
辛口。最後まで読みましたが、それはこの作品が非常に短いからです。
まず全体的に推敲不足を感じました。
時間制限を課して書かれたことが原因と思われますが、
他の方の指摘にもある通り、最初の一文くらいは見直した方がよかったのではないでしょうか?
旅の連れが、の次に括弧がきているので、一瞬これは連れの台詞で娘とは連れの娘のことなのかと思ってしまいました。
前から読んで頭の中にすっと入ってくる文章にした方がいいと思います。
それから序盤の文末を統一していることです。
三人で会話している場面の「←今ここ」感を出したかったと思われますが、
だらだら説明するくらいならいきなり三人の会話を冒頭に持ってきて、
説明は後にした方が読者は話に入りやすい気がします。

○キャラクター
三人しか出ていないのでキャラクターの描き分けはできていると思います。会話も混乱することはありません。
ただキャラクター自体について言うなら、登場人物がこの世界において馬鹿なのかどうか分からないです。
主人公も連れも娘も賢そうには見えませんが、それが笑いどころなのか分かりにくく、
どたばたとして成り立っていないと感じました。

225 :1/2:2014/02/19(水) 18:22:40.11
○地の文に過不足があるとしたら過多か不足か
SFの冒頭として考えた場合、単なる異世界ファンタジーにしか見えないのでその点で不足していると思います。
星の観測がSF要素の全てでしたらすみません。

○続きが読みたいと思うか否か
本当に短い文章なので、続きを読むかどうかはこの後の続き方によります。
あまり期待感のある出だしではなく、キャラクターの魅力もよくわからないので、この後に意外な展開が来ないと読みたいとは思わないでしょう。

○気になる点などがあればそれも
娘がいちいち吃音になっているので、そこが少し気になりました。
そういう設定のあるキャラならいいのですが、文章から読みとる限りではお転婆という印象が強いので
何かを訴えるときには口ごもるのではなく一気にわめくようなイメージがあります。
個人的なイメージですのでこれは無視していただいてもかまいません。

226 :1/2:2014/02/19(水) 18:52:10.31
>>180
全体的に辛口になります

○主人公から見た別のキャラクター紹介に違和感が無いか
一人称とはいえいちいち地の文で( )内補足みたいな形で
適当にキャラの立場や名前が解説されているのには違和感を覚えた
この時点で雑な文章だなという印象を受けた
(時間制限云々の問題とは別の意味での「雑」)

○地の文に過不足があるとしたら〜
過不足云々は感じないが単純に説明の仕方が下手だと感じた
小説というよりあらすじ紹介のような文章でただ事実の羅列
説明の順番も良くないと思う特に皆が指摘している最初に依頼主をはっきりさせてないところが
非常に分かり辛く物語への導入を理解するのにかなり時間がかかった

○続きが読みたいと思うか否か
特に思わない
何よりキャラクターに魅力をあまり感じない
領主の娘のキャラが特に悪い意味で世間知らずとしか思えず
まったく感情移入できなかったのが致命的

○誰と会話しているのかが分かりやすいか否か
とりあえずこの点には問題ない 分かる

227 :2/2:2014/02/19(水) 18:53:08.30
>>180
○気になる点などがあれば〜
冒頭から「〜で。」で終わる文節が5つも続いて状況説明されてるところが特にかったるかった
こういうちょっと強調するような特殊な文体はここぞというところでピンポイントで使うからいいのであって
こうしつこく書かれるとやぼったい。連続して使うならせいぜい3つまでできれいにまとめた方がいいと思う
退屈な説明文(しかもかなり分かり辛い)が長文で続く冒頭だったのでおそらく評価でなければここで読むのを止めていた
どうせなら中盤の「私も一緒に星の観測をする!」というミモザの発言をまず冒頭でバーンと出して
その後で少しづつ会話に混ぜたりしながら状況を説明してくれれば「これはどういう状況なんだろう…」ともう少し興味をひけたかも

あとSFというよりファンタジーっぽかったしハルヒ系の要素も全く感じなかったので
そっち狙っているのなら成功してるとは言えないと思った

228 :スペースNo.な-74:2014/02/19(水) 23:01:33.64
>>227
>どうせなら中盤の「私も一緒に星の観測をする!」というミモザの発言をまず冒頭でバーンと出して

評価の評価は野暮…と思いつつも
冒頭にインパクトのある台詞や場面を持ってくるのは
ラノベ的にはやはり常套手段で上手いと思います。

ミモザのキャラが強調されるので
今後ミモザがヒロイン的な扱いになるのかどうか…等にもよりそうですが。

229 :スペースNo.な-74:2014/02/20(木) 08:54:58.58
>>180
辛口というか上から目線注意

単なる思い込みなら悪いんだけど、これ本当に人に読ませることを考えて推敲した?
誤字脱字は「肩をそやし」くらいしかないし主述のねじれもないけど
文章の練り込みが浅くて本当に時間内で急いで書いてそのまま晒した感じ
説明したい順じゃなくて思いついた順に情報が並んでるっぽいし、人の呼び方の統一もできてない
>>1に「みんなに読んで貰える自信があること。」ってあるし、よく練ってから晒した方がいいんじゃないかな

中身は悪い意味でテンプレ臭がするというか
このミモザって子が主人公に惚れて追っかけまわすようになるんだなとか
ミモザの聞いたことあるっていう昔話が重大な伏線なんだろうなとか
先が読めてしまって読む気がしない
この予想が外れるとしても、冒頭で興味が失せてそこまで読み進めないと思う
テンプレならテンプレなりに人物や世界観、文体の魅力で勝負する手もありだけど
これはどれも特に魅力的じゃない
人物や世界観に関しても練り込んで、何かしらでつかみを取らないと楽しませるのは難しいと思うよ

230 :スペースNo.な-74:2014/02/27(木) 19:21:10.99
>>180
どこ行ったんだ?

231 :スペースNo.な-74:2014/02/27(木) 19:27:08.67
規制始まってるところもあるだろうから
すぐには返事できないのかもね
永久規制とはいかなくても三か月くらったりしたし

232 :スペースNo.な-74:2014/02/27(木) 20:14:26.04
>>231
規制されていたとしても代行使って返事した方がいいと思う
評価してくれた人いるんだし

233 :スペースNo.な-74:2014/02/27(木) 21:01:26.66
依頼しっぱなしの人なんて他にもいるのに(レス番は書かないけど現行スレにもいる)
この人だけどこ行ったとかいつ来るとか言われるのが不思議。
お礼必須スレじゃないというのは過去スレでずっと言われてるのに

234 :スペースNo.な-74:2014/02/28(金) 13:31:30.97
とりあえずちゃんと期間を大体区切ってあるのだから
評価は終了して次の人を待てばよい
(期限区切ってない場合は揉めるから締めた方がいいけど今回は別に構わないだろ)
お礼はあればていてねいだけど別に必須じゃないからな色々事情もあるだろうし
評価した側だけど別に代行使ってまで返事してくれなくてもかまわないよ

235 :スペースNo.な-74:2014/03/10(月) 23:24:31.34
評価お願いします。
ttp://www.pixiv.net/novel/show.php?id=3529731

戦争の小説なのでそういう描写がありますが、耐性の無い方は注意してください。

久しぶりに小説を書いたのですが、何度も読み返しているうちに自分ではわからなくなってきました。
ちゃんと小説になっているのでしょうか?

236 :スペースNo.な-74:2014/03/11(火) 02:02:30.27
>>235
小説か……と問われるとちょっと疑問です。
目的のない(或いは見失った)散漫な文章、という印象を受けました

特に何も書かれてないのでこれで完結なのだと思いますが、ストーリー的な
起承転結が無く、結局何を主題とした作品なのかよく分かりませんでした。
最後にホラー物のような締め方をした意味も分かりません。

戦争体験の全般を語るなら最後をあのような形で締めるのは謎ですし、
子供とその子への後悔を語るなら子供の登場が遅すぎます。
ホラーだとするならその要素は結末部にしか読み取れず、それも唐突すぎて
怖さや不気味さよりも違和感と疑問を覚えます。
結果、この作品をどう読めばいいのか、読んで何を感じればいいのか分からず、
戸惑いだけが残りました。

読んだ人に何を感じてほしいか、そのためには何をどのように書けばいいかを
もう一度確認されてみては。

237 :スペースNo.な-74:2014/03/11(火) 02:49:42.55
>>235
江戸川乱歩タイプのショートホラーがお好きなのかな〜と思いました

その当時の作品って読者もその体験を多少なりとも共有してますから
いかに大変だったかいかにギリギリだったかを
細かく説明しなくても伝わったのだと思いますが
「ゲートルってなんだっけ」な人の方が多いと想定される現在
さっくりとした描写だけでは当時の情勢の理解も難しいと思います

後悔渦巻く後味悪いオチが主眼なら
舞台を現代、アクシデントを地震や台風に置き換えた方が
共感を得られやすいと思います

戦争ジャンルが好きな人には物足りないでしょうし
一般人には説明不足で伝わらない
そんな感想です

238 :スペースNo.な-74:2014/03/11(火) 22:10:30.27
>>235
文章自体は綺麗だと思います
戦争の描写も情景が伝わってきて、私は特に分かりにくさは感じませんでした
ただ最初の方に出てきた「長沙」は中国の地名ですね
これだけだとすぐには分からないのでカッコで振り仮名を振った方がいいと思います

上の方も書かれているようにホラー風な結末になっていますが、
その意図がよく理解できませんしオチとしては弱い印象です
子供を登場させるならもっと意味を持たせた方がいいのではないでしょうか
こんなことを言っておいてありがちなものしか思い浮かばずにすみませんが、
例えば生まれた子が成長するにつれてあの時の迷子に似てくるとか
迷子のことをすっかり忘れた頃に成長したその子に再会して恨み言を言われるとか…

戦争の恐ろしさなのか、人間の弱さなのか、ホラーなのか、
「何が一番書きたいのか」がぶれている感じでした
上に書いたように文章はしっかりしていると思いますので、
テーマさえきっちり設定すればいいお話が書けると思います

239 :スペースNo.な-74:2014/03/11(火) 22:32:37.92
>>235
戦争ものの小説というより2chオカ板やVIPなどで見られる
ショートのホラー小話的なものを目指したのでは?といった印象を受けました。
ですがショートホラーとして見た場合
他の方の感想同様オチがやや唐突で付いて行けず
怖いというよりは疑問符が先に立ってしまい
ホラーファンとしては物足りない感じです。

ラストの子供を幽霊と捉えるか、女性が自責の念から壊れてしまった
…と捉えるかでホラーかどうか評価が分かれる所でしょうか。
作者さん的には戦争もの…という事で後者のつもりだったのかな。
戦時中の描写や女性の語り口はなかなか臨場感があって
良かったと思います。

あと終盤の「子供はしゃべる事ができません…」の部分は
初孫と戦時の子供を重ねた描写であえてこういった書き方なのかもしれませんが
いや、赤ん坊ならともかく一人で歩ける年齢の子供は喋れるだろう!
とツッコミを入れたくなりましたが
登場時から後ろを付いて歩く子供は死んでいて
幽霊だから喋れない?(でも泣き声は聞こえる…)
のを暗示してるのかな?とも思いました。

240 :1/2:2014/03/13(木) 00:29:07.27
>>235
辛口です。

皆さんが指摘していることですが、短い話なのに焦点があっておらず、テーマが分かりませんでした。
戦争の悲惨さ、そこから現れる人間性、罪悪感に縛られた主人公、と繋がってはいるのですが、
これらをすべて取り入れて小説として心に残る形にするにはもう少し全体を長くして、
それぞれのテーマに割く分量のバランスを一考すべきかと思います。
現在の形では空襲とその被害の描写に文章が多く割かれており、
主人公自身については人間性についても罪悪感についてもやや唐突かつ文章量が少ない気がしました。
人間性の変貌を書きたいのでしたら日常にスポットを当てて(御主人の発言に何か返事をするなど)
普段のこの人はどういう人なのかを説明した方がよかったのではないかと思います。
罪悪感についても話を始める前の前置きで匂わせるなどしてあらかじめ下地を作っておけば唐突とは思わなかったでしょう。

また主人公のキャラクターについて、空襲中なのに特に理由もなく防空壕から出たり、焼夷弾に一瞬とはいえ見惚れたりと
身重の母親なのにずいぶんぼんやりした人だという印象を受けました。
もちろんわざと書いているのであればそういうキャラクターでも別にかまわないのですが、
その場合は過去を振り返っていることを利用して自分自身に評価させることが必要かと思います。

241 :2/2:2014/03/13(木) 00:30:01.71
それから、個人的にはこれをホラーとは思えませんでしたので、そこを目指して書かれたのでしたら失敗かと思います。
主人公に子供の声が聞こえ出したのは孫を見て子供のことを思い出してから、ということなので
おそらく子供の声というのは主人公の罪悪感が形になったものなのだと思いました。
しかしラストの「あなたの後ろに」云々が完全にホラーの手法になっているため、
話の印象がぼやけてしまった感があります。
また、この手法はあまりにも使い古されているためホラーとしても陳腐になっています。
小説において〆の一文は冒頭の一文と同じく全体の印象を左右してしまうので、テーマに沿って見直してみてはいかがでしょうか。

色々と書きましたが、主人がゲートルが半分で済むと冗談めかしているエピソードは戦時中の日常という感じがよく出ていて面白いと思いましたし、
主人公の老婆の語り口自体も違和感がなく、すらすらと読めました。
テーマを絞って山場を意識してエピソードを取捨選択すればぐっと小説らしくなると思います。

242 :235:2014/03/15(土) 00:28:13.62
忌憚なきご評価ありがとうございます。
半端という自覚はあったのですが、自分ひとり考えても行き詰まってしまって、どうにもならなくなっていたのです。
おかげで道筋が見えた気分です。

なお、書きたかったのは「戦争体験記」でして、実はモトネタがあります。
ttps://www.google.co.jp/#q=%E8%8A%B1%E3%81%8C%E3%81%82%E3%81%A3%E3%81%9F%E3%82%89%E3%81%AA%E3%81%82
モトネタが、自分の子供を助けようとして二人とも亡くなる話なので、それを逆転させて、他人の子供を見捨てて二人とも生き延びる話にしました。

ラストがざっくりしているのは狙ってましたが、ホラーっぽくなりすぎていたのは反省してます。

貴重なご意見ありがとうございました。
今後詰まったときは読み返し励みにします。

243 :235:2014/03/15(土) 00:29:23.85
追記。

文章はこのまま晒しておきますが、評価なさるかたはスレではなくピクシブ経由にてお願いします。

244 :スペースNo.な-74:2014/03/15(土) 00:56:17.19
えええ…
現実に経験した人の辛い体験をパクって
(どこにも元ネタアリと書かなければパロディではなく盗作、
読む側は235のオリジナルだと思って読んじゃったんだから)
ホラー書いてたの?
最悪な倫理観だわ…胸糞

245 :スペースNo.な-74:2014/03/15(土) 04:35:59.79
評価するんじゃなかった……

246 :スペースNo.な-74:2014/03/15(土) 08:33:48.94
悪いことだと思ってないんだ
こういう人って一生パクリ続けるんだろうな

247 :スペースNo.な-74:2014/03/15(土) 09:26:18.05
支部経由って
パクり作品をずっと掲載しておくつもりなの?
パクっといて煮詰まるとかどういうことなの?

248 :スペースNo.な-74:2014/03/15(土) 09:47:15.31
作品URL: http://shlonger.com/3fa306f52a2800b71057442a0db78a1b
字 数:約3000字
期 間:一週間程度
説 明:二次創作ですが、古い作品なのもあって、キャラ名はダミーにしています。
    流しのテロリストというか殺し屋の父親が、
    知能指数の高い男の子を引き取って、
    同じようなキリングマシーンに育てようとしています。
    父親は、楽器ケースのなかに武器を入れて持ち歩いています。
    子供は、もともと感情のほとんどない性格です。
    グロ表現はありませんが、こういう設定ですので、倫理的にはアウトな話です。
希 望:面白いか、どうか。
    話がわかりやすいか。
    小道具を使いながら、話作りや感情表現をするのが好きなのですが、
    まわりくどくないか、わかりにくくなっていないかが気になります。
    その他、話の流れや文章などにも不自然さや過不足があればご指摘ください。

249 :スペースNo.な-74:2014/03/15(土) 10:38:47.66
幼い子供と楽器ケースに銃器って、ガンスリンガー・ガールのダブルパロ?

250 :スペースNo.な-74:2014/03/15(土) 15:19:44.46
>>248
まず一次作品として評価してほしいのか二次作品として評価してほしいのかを
はっきりさせるべきでは。
一次と二次では評価の基準がまるで変わってきますし
二次作品としての評価を望むのであれば
原作名やキャラ名をぼかしているのは潔くないというか読み手に対して不親切だと思います。

何故かと言いますと>>248にあるような
キャラ設定や世界観の補足説明もまっさらの初見一次作品であれば
該当の文章内で語れば良い事で本来不要な説明です。

ですが二次作品となるとまるで話は変わってきます
同人などの二次作品というのは書き手も読み手もある程度原作を知っている
原作のキャライメージや世界観を共有しているのが前提なので
原作のキャラ名をばーんと出しただけで
もうファン同士であれば細かい描写などは無くともキャラのイメージが伝わります。
世界観なども同様で原作未見読者を強く意識しない限り
かなりの部分で説明・描写を省いても
二次作品としては成立すると思います。

私はおそらく>>248の元作品を知らないので
初見の一次作品を見る気持ちで読ませていただきましたが
一次として見た場合は完全に描写不足、名前は挙がっていないけれど
元ネタ原作を知っている事が前提の文章…という印象でした。

251 :250つづき:2014/03/15(土) 15:20:37.55
>>248の文章だけではレス・グラースの容貌・年齢や
ゾーイの年齢・容貌・性別といったキャラのイメージが伝わってきません
>>248の補足文が無ければゾーイを女性と思う人すら居るかもしれません。

報酬のパンでのやりとりも原作でそういったシーンがあるのかも知れませんが
>>248の文章情報だけではわかりづらかったです。
パンに○○を入れて〜といった小道具を使った話づくり自体を否定するものではありません。
むしろ私も大好きですのでどんどんやってもらって良いと思います。
ただ圧倒的に描写不足に感じます。

252 :スペースNo.な-74:2014/03/15(土) 18:37:24.27
>>248
「知らない作品の二次創作」として読みました
(一次ならもっとキャラや背景の説明がほしい、
二次なら原作名出してキャラ名そのままでやってほしいという意見は>>250と同じです)

>面白いか・話がわかりやすいか
上記の通りストーリーについては判断できませんが
ゾーイの内面や彼周辺の人物関係がこれからどう変わっていくかは気になります
個人的にはこの話(長編の一部分を抜きだしたという感じなので)の
前後に当たる部分も読んでみたいなーと思いました

>まわりくどくないか、わかりにくくなっていないか
地の文が淡々としていて無駄がない分、小道具やふとした時の
人物の描写が印象的でいいと思います
わかりにくくなってはいませんが、もうちょっとだけ感情描写か
それを示唆するものがあるともっとストーリーに入っていけるかと

253 :スペースNo.な-74:2014/03/15(土) 21:04:12.94
>>248
個人的には話の顛末やあっさりとした文章等好みでした。
回りくどいとは感じません。
ただ前の方のおっしゃっているように多少描写不足で分かりにくく感じます。
キャラクターの名前やパンから舞台は現代の西欧のどこかかな?とは思うのですが
他の文章や描写からはそれを感じられず、少しモヤモヤしてしまいました。
季節はマフラーが出て来るから冬なのだろう、程度で。
原作を知っていれば補える情報だったのかもしれませんが。
パンの扱いは印象的で良かったと思います。
あと気になったのですが、女の髪とパン屋の店主のスカーフが同じ赤なのは意図的ですか?
意図的ならば同じ色である意味付けをもう少し示してほしかったですし、
意味がないのならば「何か意味があるのだろうか」と気になってしまい悪目立ちしている気がします。
「小道具を使うのが好き」という情報を意識して読んでいたのもありましたので。


個人的には、今回のように簡単な設定を説明してもらえれば
二次創作も原作をぼかすのはありだと思います。
評価者が原作を知らなければどれも同じことですし、過去にはそうした評価依頼はありましたし。
原作の知名度が低く、原作特定=作者特定となってしまうジャンルで書いている身からすると
フェイク禁止となったら厳しいです……。

254 :スペースNo.な-74:2014/03/15(土) 22:46:06.29
>>242
元ネタとやらを読んだけど、母子が出てくること以外ほとんど似てないよ
(戦争で空襲があって人が死ぬのはよくある話)
わざわざ後から元ネタありって明かす必要はなかったと思う

>>248
文章は上手だと思います
ただ、他の人もおっしゃっているように世界観・キャラクターの説明が不足していると感じます
例えばゾーイの台詞(「挨拶はした方がいいか?」など)からは大人の男のような印象を受けました
でも>>248の説明では「男の子」となっていたため、ちょっと混乱しました
ゾーイがいくつかわかりませんが、仮に10歳として
「10歳という年齢に見合わない大人びた喋り方をする」といった
説明が一言あるだけで、ジャンルを知らない人にもぐっとわかりやすくなると思います

それからゾーイが二人続けて女性(協力者と女店主)に会いますが、
その二人のキャラがかぶってるように感じました(>>253の言う「赤」という色のせいかも)
一人は若い赤毛の女性、もう一人は黒髪の中年女性、といった風に
見た目ではっきり分けて描写してくださるとより良かったです

ただ、少し荒廃したような世界観は面白いと思いますし
レス・グラースとゾーイに独特の絆があることは伝わってきました
描写不足と書きましたが、二次創作でジャンルを知る人にはわかるのならいいようにも思います

255 :248:2014/03/15(土) 22:47:48.31
評価、ご意見をありがとうございます。

物議を醸しているようですので、原作を明かしてしまいます。
95年に放映された「ガンダムW」で、ゾーイは主人公のヒイロ・ユイ、
レス・グラースは幼少時の育ての親、アディン・ロウです。

このスレの方の年齢層等はわかりませんが、
19年前のアニメですので、原作を明かしても知らない人が多いのでは、と思いました。
また、原作名を書いても補足説明が必要だと思いました。

と言いますのも、本編中のヒイロは、兵器としてガンダムに乗ったテロリストでして、
無口で無愛想で無感動で、人の心を知らないキャラクターです。
育て親のアディン・ロウは、>>248で書いたように殺し屋で、
コロニーを流れ歩きながら、ヒイロに兵士としての技術を教えこんだキャラクターです。

しかし、本編のアニメでは、アディン・ロウは登場せず、
外伝マンガ(絶版)とノベライズ、そして最近出版された続編小説でしか触れられていません。
つまり、19年前のアニメを何らかの形で見ていても、
メディアミックス作品まで知識がないと、バイオリンケースに銃を入れているという特徴はもちろん、
二人の関係性等はわかりにくいと思いました。
(楽器ケースは「ガンスリンガー・ガール」にも出てきますが、両方とも元ネタは映画の「レオン」だと思います)
もちろん、ネットで調べたらこれらの情報は簡単にわかりますが、
読んでいただく方にそういう労を期待するのは、ちょっと違う気がしました。

>続きます。

256 :248:2014/03/15(土) 22:48:59.48
つまり、ここまで補足説明が必要なら、原作名を書かなくても、
>>248のような設定を説明すれば、話の流れはわかるんじゃないかと思ったわけです。

そして、>>253のご意見と同じく、マイナーな作品の二次創作ですので、身バレは避けたかった。

以上が、原作名を明かさなかった理由です。
逆に、敢えていま情報を出したのは、こちらにもこういう事情があって、という説明をしたかったからです。

評価していただいた内容を読みますと、
>>248の説明だけでは、お話を読むためのデータが不足していたことがわかりました。
この男の子がのちのち少年兵になること等は、書いたほうが良かったですね。
反省しています。
また、>>250のご意見通り、二次創作か一次創作か、の区切りはつけておくべきでした。
そして、私自身が一次を知らずに二次を読むことがあるので、
基本設定はそこまで重要じゃない、という感覚が染みこんでいたのもあります。
描写不足、というご意見は本当に身にしみます。

ただ、古い作品の二次創作で、という今回のような事情がなくとも、
このスレはフェイクを混じえる自由がゆるされる場所であってほしい、と住人の一人として思います。

つたない説明と言い訳で失礼しました。
今後も、同様の状況においての議論はあると思いますので、敢えてリスクを取って原作名を明かしました。
自分の行動が適切かどうかはわかりませんが、こういう人間もいるよ、ということで。

話が逸れてしまいましたが、引き続き、評価をいただけると、ありがたいです。
よろしくお願いします。

257 :スペースNo.な-74:2014/03/16(日) 02:56:49.72
新しい住人が多いのかな
二次作品でフェイクはいままで散々あったし
評価者は、それを承知の上で分かる範囲で評価してたはずだけど

原作が分からないと評価できない(したくない)っていう人は
評価しなければいいだけだと思う

258 :250:2014/03/16(日) 08:03:37.92
>>255-256
真摯な御回答頂きありがとうございます。
>>253>>256のような事情でフェイクの必要性があるという事もよく判りました。

原作が判った上での評価も追記させて頂きます。
実はアニメWは視聴済みでした…
一昔前ならアニメW自体はそこそこの知名度がありそうですが
確かに現在で漫画や小説まで…となるとマイナーよりになりそうですね
私も知りませんでした。
ネタ明かしをされた後なら
ヒイロ(ゾーイ)のわりと年齢不詳な描写や話し口調にもまだ納得がいきます。
殺し屋と少年・少女という設定は
それ自体好き…興味を惹かれる…という方が少なからず存在する良いモチーフだと思います。
個人的にはどストライクで「レオン」なんかも大好きです。

全体的に描写不足の感は否めないと思います。
古いマイナー作品で多くの読者が元ネタを知らないようであれば
やはりそれなりの説明や描写が必要だったように思います。

259 :250、258つづき:2014/03/16(日) 08:10:08.13
二次においてどこまでフェイクが許容されるか…というのは
難しい話題だと思います。

個人的には今回のように古い原作を知らない人が多い場合は
二次作品が一次作品へ触れる契機となる…
素晴らしい古典一次作品への扉となるケースが少なくない、と思っています。
そのような場合、元原作名は明らかになっている方が
二次作者、二次の読者、原作者すべての方において
もっとも自然な形なのではないかと考えますが
このスレでの慣例もあるようですし
スレにおいて全ての二次フェイクは許されない!
などと言い出すつもりは毛頭ありません。

また東方のように二次同人が活発なジャンルでも
一次原作(ゲーム)より先に何らかの二次同人作品で原作を知って
興味を持った…というような人が大勢居るかと思います。

そのように元ネタ一次より先に二次から入ったケースでは
二次読者が実際に一次原作に触れるまでは
その同人二次作品こそがその人のその作品へのイメージになってしまう
…という事も二次の作者様におかれましては
頭の片隅にでも留め置かれますよう。

260 :スペースNo.な-74:2014/03/16(日) 08:25:23.36
言いたいことは解らんでもないけど(マイナー作品なら元ネタ解説多めの方が布教にもなるかも、の点)
実際に公開する時にはフェイク取っ払うんだし
ここでフェイクするか否かはスレチじゃないか?

というか250の文章が気持ち悪くて

261 :スペースNo.な-74:2014/03/16(日) 08:30:38.48
このスレで重要なのは
「この部分二次だからわからないのか?ジャンル者なら説明なくてもわかるのか?」
という判断ができるか否かだけだわな

262 :スペースNo.な-74:2014/03/16(日) 09:36:20.98
>>259
>二次作品が一次作品へ触れる契機となる…
>素晴らしい古典一次作品への扉となるケースが少なくない、と思っています。

ここはそういう主旨のスレじゃないし、大きなお世話って感じしかしない

263 :スペースNo.な-74:2014/03/16(日) 09:58:26.19
なんかちょっと前から微妙にズレた人がいるよなぁここ

264 :スペースNo.な-74:2014/03/16(日) 12:09:18.43
>>257
だよね むしろ原作は伏せるべき、名前は仮名におきかえるべきという流れもあった
検索避けが流行ってた頃だったかも知れないが
個人的にはどっちでもいいけど

265 :スペースNo.な-74:2014/03/16(日) 18:44:40.17
名前欄と文体からしてまた>>204じゃないの

266 :スペースNo.な-74:2014/03/16(日) 20:58:42.50
>>248
>面白いか・話がわかりやすいか
雰囲気と主旨は一貫してて面白かったです。
(少年兵として育てられる少年の感情の揺れ、
赤毛の女とレス・グラースとの関係が匂わされているところなど)

>まわりくどくないか、わかりにくくなっていないかが気になります。
赤毛の女とゾーイとのやりとりはちょっとわかりにくかったかも。
特に、なぜ赤毛の女が突然走り去ったかがわかりませんでした。
子供に本心を見ぬかれてのことだとしても、大人の女性がいきなり走り去るかな? と思うので。


>その他、話の流れや文章などにも不自然さや過不足があればご指摘ください

上記の女性が走り去るところもそうなのですが、ちょっと展開を急ぐというか、
すこし描写に丁寧さが欠けるところがあるように思えます。
ラストの、貰ったパンを捨てるという場面が特にそう感じます。
少年兵だからこその行動だともわかるのですが、パン屋との交流での心の揺れを表すなら、
そこを一行ですませてしまうのがもったいないと感じました。
加えて、原作の劇場版を視聴済みで、ゾーイの元ネタにも心の揺れがあるのを知っているので、
原作のキャラ造形と合わせてもすぐにパンを捨てるのはちょっと違うかなと感じてしまいました。
(ただ、これは個人の解釈なので、作者さんの意向を優先させて構わないと思います。)

267 :スペースNo.な-74:2014/03/16(日) 21:12:44.41
>>265
本当だwどう見ても同一人物だな
これからもスレに居続けて上から目線で的外れレスするつもりなんだろうか…

268 :スペースNo.な-74:2014/03/16(日) 23:30:52.04
知らない作品の二次として読みました
批評というより簡単な感想になります

>わかりにくくないか、まわりくどくないか
赤毛の女性とのやりとりが若干わかりにくかったです
出来ればもう少し女に恨み言を言わせるじゃないですけど、そういう感情の機微を大げさに出して、
感情が薄そうなゾーイとの対比をもっと見せたほうがいいんじゃないかなと

ただ(前の批評者の方とは違う意見になりますが)、貰ったパンを捨てるシーンを一文で済ませたのはむしろ良いなと思いました
個人的に好みなだけかもしれませんが、ドライでかっこいい〆で私は好きです
これからゾーイがどうなっていくのか興味をそそられました

寂れた世界観の中で“赤”のアクセントが利いていますし、全体的に魅力的な文章だと思いました

269 :スペースNo.な-74:2014/03/16(日) 23:32:16.54
アンカー打ち忘れた
>>268>>248へです

270 :スペースNo.な-74:2014/03/17(月) 22:23:30.90
こんなのここでしか晒せないので生のままで晒します。申し訳ありません。もしよければ評価お願いします。

 気の毒なほどに炭酸の抜けたコーラが昼間の太陽に照らされている。
暑い。姉のパンティを被りながら甲子園の第二回戦を観ている。富山県と大分県の代表が戦っている。心底どうでも良い試合だと思う。
野球は小学生の時にやっていた。とても好きだったし、チームのレギュラーでもあった。しかし、夏の事だった。そう、忘れもしないあの夏合宿。
夜、どうすればもっとうまくなって区の代表に絵選ばれるか、いつもの練習の他にどのようなことをすればよいのかを聞きにコーチの部屋を訪ねた。
テレビで見たマナー講座のようなものを思い出し、控えめに二度ドアを手の甲で叩いてから中へ入ると、コーチはどこかで見たことのある女性と交わっていた。
立ったままベッドに手をついて後ろからガンガンと突かれていたのはチームメイトである康雄の母であった。
僕とコーチと康雄の母は、まるで時間が止まったように、という表現しか出来ないほどにビタリと止まっていた。二人は同じ星から来た生き物のように口をポカンと開けながら、僕のことをジッとみつめていた。
人に見られると顔を赤くしてしまう僕は、全身が熱くなり、頭がくらくらしてくるのを感じた。
コーチは僕の様子を、この光景のためだと思い、狼狽えながらも声をかけた。
「いや、これは違うんだよ、な」
火照りのせいでなにが正しいのか、なにが間違っているのかをまったく判断できないでいた僕は、はい大丈夫だと思います、と渇いた口から舌をもつれさせながら言った。      
 康雄の母はいつの間にか服を着ていた。僕の手に五千円札を握らせながら、康雄には絶対に言わないでねと泣きそうな、苦いような顔で言っていた。僕はやっぱり、はい大丈夫だと思います、と言った。
その後の事はあまり覚えていない。そしてあれ以来、練習に行くことはなくなってしまったし、野球自体にあまり興味がなくなっていた。その代わりに、少し遠い町のゴミ置き場をあさり始めるようになった。
理由はポルノ本をみつけるためだ。

271 :240:2014/03/18(火) 16:16:03.16
評価やご感想をありがとうございます。
まとめて返信いたします。

>小道具描写
おおむね違和感なく読んでいただけたようで、良かったです。

>二人の女
容貌や行動等、中途半端にしてしまった部分のご指摘を受け、
きっちり決めておかないとダメだなあと思いました。
いま読み返して考えると、二人は対照的な造型にするべきでしたね。

>展開、描写不足について
二次だから、という理由で、わかりきった情報は省きがちなんですが、
大事な部分も省いてしまっていると気付かされました。
普段から展開を急ぐきらいがあるので、自分の感覚より多めに書いたほうが良さそうですね。
逆に、簡素な文体等を褒めていただいたのは、うれしかったです。
私の書くものは、文章表現に依存している度合いが高いので、ほっとしています。

>続きます。

272 :240:2014/03/18(火) 16:16:44.32
>オチについて
せっかく原作をご存知の方にも意見をいただけたので、そちらにも言及します。
少年兵というモチーフは、兵器と人との「揺れ」がポイントの一つだと思いますが、
ヒイロはものすごく兵器寄りのキャラですので、やり過ぎるとすぐ「誰だよおまえ」になってしまうので、すごく難しい。
(劇場版の「揺れ」は大好きですね)

私の場合は「自分に感情があることに無自覚(特に初期)」という解釈を取っており、
パンを買うシーンも「食べたい」と望んでいることに本人があまり気付いておらず、
店主に手招きされたり、父親からの教えを言い訳として使って行動しているかたちになっています。
(自分のなかで完結していたらいい話なので、こういう詳細な解釈を読んでいただく方に求めているわけではありませんが)
だから、「揺れ」の描写はパン屋と笑顔で充分で、
最後は、父親の命令をふたたび最優先事項に設定したから躊躇なくパンを捨てた、というオチにしました。
残酷な行動はさらっと書いたほうが際立つかな、という思惑もあります。

期間は一週間程度と書きましたが、短い話なのもあって、評価は出切っているようですので、これで〆ます。
どうもありがとうございました。

273 :スペースNo.な-74:2014/03/18(火) 20:09:48.60
名前欄違うけど>>248?まだリンク先繋がってるけど別人が勝手に締めてないよね?

274 :248:2014/03/18(火) 21:17:16.97
>>273
名前欄間違えてました。
すいません、本人です。

リンク先は、明日消します。

275 :スペースNo.な-74:2014/03/19(水) 08:15:55.25
>>270
>>1
一応、全年齢の板なので性的表現を含む場合は
予め18禁注意を表記すべきでは。

あとは他の依頼者のようにある程度
どこをどう評価して欲しいのか書いた方が
反応が良くなるかと。

276 :スペースNo.な-74:2014/03/19(水) 09:35:45.83
さすがにこの内容で18禁表記は過敏になりすぎの気がする
性描写あり、くらいで充分じゃないかな

文書は読みやすかったし、かなり面白く読めたけど、
やっぱりどこかにUPしてくれた方が評価はしやすいかな

直貼りも完全禁止ではないけど、これだと晒し目的のコピペか
どうか区別がつきにくくて、くわしく評価入れるのに
ちょっとためらってしまう

UPされたものでも、晒し目的の時もあったけど
ひと手間かけなきゃいけない分、少しでも保険になるので
心理的に楽なんだよね
あくまで個人的意見だけど

277 :スペースNo.な-74:2014/03/19(水) 11:24:40.79
直貼りはな
本人確認ができないからな
うpでも他から転載してる可能性はもちろん排除できないんだが
多少の抑止力は持ってると思う

>>1見る限り、直貼り禁じゃないみたいだがせめて鳥つけないとスルーだなあ

162 KB
■ このスレッドは過去ログ倉庫に格納されています

★スマホ版★ 掲示板に戻る 全部 前100 次100 最新50

read.cgi ver 05.02.02 2014/06/23 Mango Mangüé ★
FOX ★ DSO(Dynamic Shared Object)